防災士養成講座

防災士養成講座

講師 山本 大樹
受講形態 来校
受講料 一般 39,800円(税込)
学生 29,800円(税込)
講義時間・回数 60分×12コマ

この講座の概要

本講座では、日本防災士機構が認証する「防災士」の資格取得のため、講義や演習など12時間の集合教育を実施します。受講が決定しますと、防災士教本と事前学習レポートを送付致します。自宅学習を行った上で、講座初日に事前学習レポートを提出いただき、2日間(12時間)の集合教育を受けていただきます。2日目の最終講義が終了後、日本防災士機構が実施する防災士資格取得試験(3択30問)を受験していただきます。

防災士に関する詳細はこちら

※最少開講人数は50名、定員90名です。定員に達し次第、受付を終了します。

※受講料には、防災士教本・事前学習レポート・防災士資格取得試験料が含まれています。

※本講座に関する教本等は、最少開講人数を超えた場合にご登録の住所へ郵送させていただきます。
なお、教本を郵送した後のキャンセルにつきましては、受講料から教本代金(3,500円)を差し引いてご返金いたします。
また、同封した事前学習レポートは大学へご返送(送料受講生負担)ください。

※学生割対象者 :高等学校・専門学校・短期大学・大学・大学院等に正規学生として在学中の方
(学生証のコピーまたは「在学が証明できる証明書」を郵送またはメール提出していただきます。科目等履修生や聴講生等として在学中の方は「一般」にてお申込みください。)

▼公開講座リーフレット(下記画像をクリックするとPDFファイルで閲覧できます)

この講座の受講対象

どなたでも受講は可能です。防災に関する知識を深めたい方、地域や会社で防災に関するリーダーを務める方、これからリーダーを目指す方、生涯教育として防災を学びたい方など。(ただし、防災士資格認定のためには全国の自治体、地域消防署、日本赤十字社等の公的機関、またはそれに準ずる団体が主催する「救急救命講習」の修了証が必要になります。)

日程と内容について 

日程 時間 内容
1 2019年
07月13日
09:05-10:05
第1回:被害想定とハザードマップ
2 2019年
07月13日
10:15-11:15
第2回:近年の自然災害から学ぶ
3 2019年
07月13日
11:25-12:25
第3回:災害医療
4 2019年
07月13日
13:25-14:25
第4回:防災士の役割
5 2019年
07月13日
14:35-15:35
第5回:災害情報の発信と入手
6 2019年
07月13日
15:45-16:45
第6回:地震のしくみと被害
7 2019年
07月13日
16:55-17:55
第7回:津波のしくみと被害
8 2019年
07月14日
09:00-11:20
第8回・9回:HUG(避難所運営ゲーム・演習)
9 2019年
07月14日
13:00-14:00
第10回:公的機関による予報・警報
10 2019年
07月14日
14:20-15:20
第11回:災害とボランティア活動
11 2019年
07月14日
15:30-16:30
第12回:地域の再建と復興
12 2019年
07月14日
17:00-18:00
最終試験:防災士資格取得試験

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

山本 大樹

山本 大樹

福島県立医科大学大学院、災害被ばく医療研究科修了。 内閣府事業危機管理専門家、鹿児島県肝付町防災危機管理監、八戸学院大学地域連携研究センター客員准教授などを務めた。内閣府が認定する地域防災マネージャーの国内最年少有資格者で、防災士の養成経験も豊富である。また、SDGsカードゲーム初代ファシリテーターで、SDGsの観点から防災を研究している。

▼八洲学園大学 教員紹介はこちら
https://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_daikiyamamoto.php