【八洲学園大学開放授業】 民話と県民性

【八洲学園大学開放授業】 民話と県民性

講師 渡邉 達生
受講形態 来校・インターネット配信
受講料 17,000円(税込)
講義時間・回数 90分×15回
Yahoo!ブックマークに登録

この講座の概要

日本各地に民話が伝わっています。かつては現在のように人の行き来はなく、その地域で暮らす人が大半でした。人々はその土地の地勢や気候・産業などに合わせて「生きる」営みを続け、文化を生み出し、継承してきました。困難なことや、争いごともあったことでしょう。でも、人々は、その地で生き抜いてきました。そこで生まれ、語り伝えられてきた民話には、その人々の思いが込められています。本科目では、それを浮き彫りにします。くらしの中で生み出された、おもしろい話、悲しい話、ためになる話、などの話をもとに、その地域で生きてきた人々の思いを明らかにすることで、現代に伝わる県民性との接点も見つけられます。それで、北海道から沖縄までの全ての各都道府県の民話を見てみることにします。他の地域と比較することで、それぞれの地域のもつ、個性も明らかとなります。それによって、人の心づかいを学ぶことができます。今は、自己主張が激しくなっている時代です。でも、だれもが、自分を主張するだけでは、ひずみは増すばかり。この時代を生きるためには、各人が、心をおだやかにするすべを身に付けることが必要です。そのために、素朴な民話を読むことで、現代を生き抜く手がかりを見つけることを目標とします。

北海道・青森県・秋田県・岩手県の民話から、熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県の民話まで、日本列島を縦断し、それぞれの地域の民話を見て行きます。その際、それぞれの地域の地勢、風物、産業なども見て、民話の背景も浮き彫りにします。日本列島、民話の旅です。日本のことを、さらに詳しく知ることができます。いろいろな地域に、お気に入りの民話を見つけるようにして、話題を豊富にします。

この講座の受講対象

どなたでも
※この講座は八洲学園大学開放授業として、本学正規科目「民話と県民性」を学生とともに受講します。
(入門的な内容で、高校卒業程度の学力が必要)

日程と内容について

日程 時間 内容
1 16:20-17:50

〔1限目〕

イントロダクション 
2 16:20-17:50

〔2限目〕

北海道・青森県・秋田県・岩手県の民話をもとにして 
3 16:20-17:50

〔3限目〕

山形県・宮城県・福島県・茨城県の民話をもとにして 
4 16:20-17:50

〔4限目〕

群馬県・栃木県・千葉県の民話をもとにして 
5 16:20-17:50

〔5限目〕

埼玉県・東京都・神奈川県の民話をもとにして 
6 16:20-17:50

〔6限目〕

新潟県・長野県・山梨県の民話をもとにして 
7 16:20-17:50

〔7限目〕

静岡県・愛知県・岐阜県の民話をもとにして 
8 16:20-17:50

〔8限目〕

富山県・石川県・福井県の民話をもとにして 
9 16:20-17:50

〔9限目〕

滋賀県・京都府・兵庫県の民話をもとにして 
10 16:20-17:50

〔10限目〕

三重県・奈良県・大阪府・和歌山県の民話をもとにして 
11 16:20-17:50

〔11限目〕

鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県の民話をもとにして 
12 16:20-17:50

〔12限目〕

香川県・徳島県・高知県・愛媛県の民話をもとにして 
13 16:20-17:50

〔13限目〕

福岡県・佐賀県・長崎県・大分県の民話をもとにして 
14 16:20-17:50

〔14限目〕

熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県の民話をもとにして 
15 16:20-17:50

〔15限目〕

まとめ 

最少催行人数の記載がある講座につきまして、申込者数がその人数に達しない際は開講いたしませんので何卒ご了承ください。その際の受講料返金等詳細は「受講に関する注意点」のページにてご確認ください。

受講に関する注意点

講師プロフィール

渡邉 達生

渡邉 達生

現在:八洲学園大学 教授  社会貢献活動 落語家 高座名 志久はっ空
経歴:筑波大学附属小学校教諭、筑波大学非常勤講師、文部省小学校道徳教育推進指導資料作成協力者委員、文部科学省心のノート編集協力者委員、等

【八洲学園大学 正規担当科目】
逆境を生きる / 笑いと文化 / 明日の一歩・松下幸之助に学ぶ人生哲学 / 生きる力のもとの探求 / 心豊かに語り合える親子コミュニケーション / 漢字と心の形

▼渡邉達生 教授 詳細はこちら(八洲学園大学 大学サイト)
http://www.yashima.ac.jp/univ/about/information/teacher_watanabe.php