八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 > 学校図書館専門職養成  基礎プログラム

学校図書館専門職養成  基礎プログラム

学校図書館専門職養成  基礎プログラムとは

01.文部科学省が定める「学校司書のモデルカリキュラム」に対応

学校図書館には子どもたちの情報活用能力、読書力を伸ばし、変化の激しい時代をたくましく生き抜く力を培うという大事な役割があります。学校図書館運営の中核を担うのが、学校図書館専門職(学校司書、司書教諭)です。

本学の「学校図書館専門職養成 基礎プログラム」では、学校図書館専門職として、他の教職員と協働し、スキルを発揮できる人材を育成していきます。

02.こんな方にお勧め

  • ①学校司書としてスキルアップを目指したい方
  • ②学校図書館への就職を考えており、学校図書館に関する基礎的な知識を学びたい方
  • ③教員,ボランティア等の立場から、学校図書館の現状や課題について学びたい方
  • ④学校教育全般に関心のある方

03.修了証を発行

本学で全ての要件科目を修得した方には「学校図書館専門職養成 基礎プログラム修了証」が発行されます。

学校図書館専門職養成 基礎プログラム 修了ルート

本プログラムは図書館司書資格の学習内容をベースとします。図書館司書資格を取得していない方は、資格取得後に学習することをお勧めします。

図書館司書資格 取得ルート
  • ※1平成23(2011)年度以前の旧要件で司書資格を取得した方は、新要件で追加された科目の単位修得が必要です。詳細は要件科目の読み替えをご覧ください。
  • ※2プログラムの修了証は、本学で開講する要件科目を全て修得した方にのみ発行されます。

募集概要

・学校図書館専門職養成プログラムの目標
学校図書館の運営に必要な専門的な知識、技能を兼ね備え、学校教育の発展に寄与できる 人材の育成を目標とします。
(基礎プログラムの目標)
学校図書館専門職として、以下の知識、技能を持った人材の育成を目標とします。

  • 1.学校図書館の運営・管理・サービスに必要な基礎的な知識、技能を有していること
  • 2.児童生徒に対する教育支援に必要な基礎的な知識、技能を有していること
  • 3.他の教職員と協働しながら、学校図書館運営を行おうとする意欲を持っていること
最短期間 合計費用 学歴要件 科目・単位数 スクーリング 時間割 備考
半年~ 241,000円~ 短大卒以上 13科目24単位 6科目10単位~
7科目12単位
詳細はこちら
ページトップへ

このページの先頭へ