八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 > 学校図書館司書教諭の【要件科目】 > 学習指導と学校図書館

図書館司書教諭

学習指導と学校図書館

学校図書館には「学校の教育課程の展開に寄与すること」(学校図書館法第2条)が求められている。つまり、学校図書館には学習情報センターとしての機能を発揮し、学校におけるあらゆる教育活動を通して児童生徒の情報リテラシー能力を培うことが期待されているといえる。本科目では学習情報センターとしての学校図書館の役割、教科学習や総合的な学習の時間における学校図書館活用の実際などを学ぶ。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 学校図書館司書教諭講習規程で
定める科目名
2 T 12,000 4月・10月 必修 学習指導と学校図書館

学習の要点

到達目標は以下の3点である。
(1) 学習情報センターとしての学校図書館の機能を発揮するための学校図書館専門職の役割について説明できる。
(2) 児童生徒の情報リテラシー能力を育成するための計画・実践・評価の実際について、説明できる。
(3) 教科や総合的な学習の時間における学校図書館活用について、具体的な実践方法を説明できる。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

資料ダウンロード。

PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。
(出願はインターネットから行うため、願書などは同封されておりません。)

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ