八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >受験に役立つ科目一覧 >民法1(総則・物権)

税理士(受験資格)

民法1(総則・物権)

社会の仕組みを描く法律。その中でも、私生活の場面、仕事での場面でも関わり合いが深いのが民法です。取引社会を支える最も基本的なルールと、改正の経緯を学び、社会・経済の変化への対応知る。そして、実務で通用している基本的なルールを、ケーススタディー形式で学びます。ケースは、裁判例を基本としていきます。実際に起きた事件から、法律を現場感覚で学んでいきましょう。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 受験資格
2 S 25,000 4月 1科目2単位以上修得

学習の要点

法律知識ゼロからの学びを基本とします。 【「??→!!」へ】 おそらく、授業計画を読んでも「???」となる方のほうが多いかもしれません。

しかし、本講義を受けた後は、社会の仕組みについて「なるほど!!」ということを体験するはずです。

【事例から学ぶからわかる】
実際に起きた事件(各回2つ程度)を分析し、何が問題なのか?(論点)を明らかにし、その法を通じた解決について学びます。

特に本科目では、土地や建物をめぐる問題や代理や時効といった取引全般の共通のルールを扱います。

少し、取り上げる事件を紹介すると・・・
不倫の関係にある女性に贈与をしたら?
騙されて売却した土地を取り戻せ!
など、実際にみなさんにも起こりうる(いや起こしてはいけない)事件があります。

具体的な事件から、法制度を学び、トラブル予防のための仕組みを知り、知識よりも意識を高める内容としていきます。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ