八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >受験に役立つ科目一覧 >はじめて学ぶ刑法各論(T)

税理士(受験資格)

はじめて学ぶ刑法各論(T)

刑事法は、「犯罪に関する法分野すべて」を含みます。
刑法は、「犯罪とは何か」、「犯罪に対してどのような刑罰が科せられるのか」といった、犯罪と刑罰の関係を定めています。これを「罪刑法定主義」と呼びます。
刑事訴訟法は、「犯罪が発生したとき」、「証拠を集め(収集)」、「犯罪事実の認定」、「刑罰を科す手続き」を定めています。
刑事政策(刑事学)は、「犯罪現象・実態の分析」、「犯罪原因論の分析」、「犯罪対策」を考えていきます。また「犯罪者の処遇のあり方」として、施設内(矯正)及び社会内(更生保護)における処遇効果や再犯予防について考えていきます。
刑法や刑事訴訟法は「~定めている」と示すように、法令に準拠していますが、刑事政策は、発生している事象について考えていきます。

本科目では、学習の要点にまとめた内容について学んでいきます。

〔司書や学芸員を目指している方〕
リスク・マネジメント(危機管理論、社会安全論)として、犯罪とはどのような行為をいうのだろうか。図書館や博物館で起こりうる行為は、どのような態様であり、それは本当に「犯罪」なのだろうかか。「犯罪とは」何をもって「犯罪」(「非行」「逸脱行為」等)か、一緒に学んでみませんか。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 受験資格
2 T 12,000 4月・10月 1科目2単位以上修得

学習の要点

犯罪と一括りとされることが多くありますが、罪を犯すには原因(犯罪原因論)や機会(犯罪機会論)と様々な事情があっての事象であることを知り、その中で刑法の本質や機能を生かしてどのようにしたら犯罪を減らすことができるようになるのかについて学び、説明ができるようにする。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ