八洲学園大学トップ > 八洲学園大学とは > 大学案内 > 教員紹介 > 畔田暁子

教員紹介

畔田暁子

専任講師

畔田 暁子 KURODA Akiko

  • 学位またはそれに準ずる称号等:博士(図書館情報学)
    専門分野・研究テーマ:図書館情報学、美術教育、情報教育、学校図書館、学校と図書館と美術館・博物館の連携

担当科目

・情報資源組織論
・情報資源組織演習1
・情報資源組織演習2
・児童サービス論

学歴

筑波大学大学院 博士後期課程 図書館情報メディア研究科 修了(図書館情報学博士)

職歴

明星大学通信教育部非常勤教員(司書資格科目・司書教諭資格科目担当,2017年~現在)
日本経済大学経営学部非常勤講師(司書教諭資格科目担当,2018年~現在)
宮城学院女子大学教育学部・生活科学部・学芸学部非常勤講師(司書教諭資格科目担当,2019年~現在)
八洲学園大学生涯学習学部非常勤講師(司書資格科目担当,2019年度)
聖徳大学兼任講師(司書教諭資格科目担当,2020年~現在)

教育活動、研究活動、学内活動、社会活動

メッセージ

図書館の機能とは、司書の役割とは何でしょうか。図書館は、人々の「教育と文化の発展に寄与することを目的」として設置される施設です。そして司書は、図書館で資料の選択や分類、目録作成、貸出業務や案内業務、児童サービスなどを行う専門職です。人々が図書館で得られる経験の1つとして知識の獲得がありますが、知識の獲得は人生や考え方を変える力を持っています。人生や考え方を変える方法は世の中に数多く存在すると考えられますが、本を中心とした夥しい数の図書館資料から得られる多様な知識は、それらを変える手段としてもっとも選択肢が多くかつ手軽なものといえるでしょう。急速に変化する現代において柔軟に対応する力を身につけるためには、知識の獲得を継続することが不可欠です。司書は、人々のそのような経験を支える役割を担っています。また児童サービスは、本に対する好みなどが養われる時期、かつ読書に対する態度や習慣が形成される時期である子ども時代に適書に出会わせるとともに、子どもが情報にアクセスし学習する権利を保障するという目的を持っています。このように、皆様が資格取得を目指す司書は、人々の人生を豊かにすることを支援する重要な役割を担っているのです。

八洲学園大学は、推奨環境を満たせば来校せずにインターネットを通じて世界中のどこからでも受講可能であることが大きな特徴です。この特質によって司書資格取得への物理的な障壁が低められますが、同時に、現在必要とされるこうした学習環境においては特に、受講生それぞれが自ら学んでいく主体性が求められます。学習の過程で困ったことが生じたときには、大学によるサポート体制を活用することをおすすめします。皆様の学びが深まるよう、ともに授業をつくっていけることを楽しみにしています。

ページトップへ

このページの先頭へ