八洲学園大学トップ > 学部・学科紹介 > 司書など資格取得のみをお考えの方
「来校不要・在宅学習」

「自分らしく、まなぶ」

~働きながら、家事や育児をしながら、他大学に在学しながら、目標の資格取得が可能。~

学習システム上のスクーリング受講の様子

リアルタイムでチャット質問が可能

01.

本学の学習は、「スクーリング履修科目」と「テキスト履修科目」の2通り。すべてインターネット上で行います。

●スクーリング履修科目とはなんですか?
決められた日時にパソコンあるいは来校で授業を受けます。全15回授業に参加し、最終試験に合格することで単位修得です。もちろん試験もインターネット上で行います。

●決まった日時に休みが取りにくいのですが。
忙しい社会人のために平日開講の一部科目では「再配信授業」の制度を設けています。「再配信授業(※)」とは授業終了後に配信される録画された講義を当日中に受講し、1時45分までに感想レポートを提出することで出席扱いとする制度です。
(※)ただし、司書資格の科目は対象外です。

●試験のときは、どこかの会場に行くのですか?
試験は、決められた日時で試験を行なう試験方式と、決められた期間内で試験レポートを提出するレポート方式があり科目により決まっています。どちらもインターネット上で行いますので来校不要です。また試験方式で受験できない場合は、「代替レポート」としてレポート方式への切り替えも可能です。

●テキスト履修科目とはなんですか?
教科書を購入し読み進めます。決められた時期に課題を提出し、最後の科目修得試験に合格することで単位修得です。授業は行われないので、自分のペースで進められます。

02.

それぞれの資格は、学歴要件と要件科目を修得することで資格取得となります。特に「司書コース」のようなコース制を敷いているわけではないので、複数の資格を合わせて取得することも可能です。

●司書資格とは別に受けたい科目があるのですが
法律・経営・心理などのビジネスに関する科目や、教育・文学・宗教・倫理などの教養に関する科目など「生涯学習支援系」「生涯マネジメント系」「人間力創造力創造系」の3系統に分類し年間200科目を開講しています。一定の要件はあるものの卒業に必要な124単位を興味関心に応じて好きなように学べます。

●要件科目を習得すれば資格取得となりますか?
本学で取得できる「図書館司書」「学芸員」「学校図書館司書教諭」は、学歴要件を満たし要件科目を修得することで資格取得となります。「資格取得試験」のようなものはありませんので、ご安心ください。
※社会教育主事(任用)は、一定の実務経験が必要です。

  • 生涯学習支援系
  • 生涯学習についての幅広い識見を養うため、生涯学習、社会教育学、図書館情報学、博物館学に関する科目を開設します。

  • 生涯マネジメント系
  • 生涯学習社会の実現に貢献しうる課題発見・解決能力、実践力を養うため、法律・経済・経営・ビジネスに関する科目、及びキャリア教育に関する科目を開設します。

  • 人間力創造系
  • 豊かな人間性を養うため、文学・言語・歴史、宗教・倫理・哲学、教育・家庭・健康などの多様な領域に関する科目を開設します。

03.

目的に応じて自分のペースで卒業できます。「学生支援センター」「キャリアコーディネート室」が、一人一人の状況に合ったサポートをします。

●わからないことがあったらどうすればいいですか?
学生支援センターは平日9時-21時30分まで、土日祝日は9時-17時まで電話が繋がります(※行事等により、受付時間が変更となっている場合を除きます)。

●課題レポートが難しいと聞いたのですが?
国家資格の科目ですので、決して簡単ではありません。しかしながら、少しでも課題レポートが合格できるよう、学生支援センターでは、課題レポート対策や試験対策の説明・交流会をインターネット上で開催しています。ぜひこうした説明会を活用ください。

●就職支援は利用できますか?
本学は通信制大学では珍しい就職支援を展開しています。希望すれば求人情報の紹介や、就職イベント・セミナーを受講することができます。もちろん来校は不要です。

●卒業後も就職サポートを利用できますか?
卒業後も求人情報の配信や就活セミナーを受講可能です。皆さまの目標が達成できるまでしっかりとサポートいたします。

04.

働きながらどのように学習、卒業したの?先輩たちの声をご紹介します。

卒業生 佐藤さん 【図書館司書】
課題の締め切りを忘れてしまわないように、なるべく早めに課題に取り掛かるようにしていました。平日は、仕事から帰ってきてからは疲れている時もあったので無理をせず、週末に図書館に行ってまとめて学習していました。

卒業生 小澤さん 【学芸員】
博物館には資格取得を考えるようになってからは、よく行くようになりました。なんとなく行くのではなく、作品そのものや建築、その博物館の作品などの傾向、運営方法、来場者の客層、ミュージアムショップの規模など、そういった視点で見るようになりました。

卒業生 行徳さん 【図書館司書】
実際、入学してみて助かったのは時間です。インターネットを介してのeラーニングなら自宅で無理なく受講できるし、レポートのやり取りに関しても、八洲学園大学の先生方はとても熱心に添削してくださるので距離感を感じることがありませんでした。とにかく自分の好きな時間に勉強できることで、仕事と大学を両立できたことが大きかったと思います。



05.

学費は、履修する科目数によって決まる学費制度を採用しています。一人ひとりの学費総額は異なります。

  • ※1 入学金は入学時のみのお支払いです。
  • ※3 代表例です。異なる金額の科目もあります。
  • ※2 履修時期により、いずれかを納入します。
  • ※4 科目により異なります。

●教育訓練給付制度は利用できますか?
はい、利用できます。「図書館司書」「学芸員」「学校図書館司書教諭」の3つの国家資格を目指す方が対象です。ご自身が利用できるかどうかは、お近くのハローワークにお問い合わせください。

●学費サポートは何かありますか?
奨学金やオリコ学費サポートプラン、八洲学園グループ校割引など希望をすれば様々なサービスを利用できます。

●シニア向けの学費サポートはありますか?
50代以上のシニアを対象にした、学費定額プランがあります。多くの科目を一度に履修される場合はぜひご利用ください。

06.

資格取得を目的に入学する場合は、「正科生(資格・リカレント編入学」「科目等履修生」のどちらかでご出願ください。

●正科生(資格・リカレント編入学)
・学生証が発行されますので、各種学割サービスを利用できます。
・希望すれば学位の取得を目指すことも可能です。

●科目等履修生
・教育訓練給付制度が利用できます。
・他大学に在学中の方は、科目等履修生となります。(在学中の学校に、2重学籍が認められるかどうか確認をしてください。)

その他、違いについては募集要項「出願区分」をご覧ください。

最後に.

気軽にYoutubeで視聴可能な説明会動画を公開しています。

●開催はいつですか?
申込制ですが、24時間好きな時に視聴できるようになっています。視聴してもわからないことがあればお気軽にお問い合わせください。オンライン入学説明会の詳細はこちら

さらに詳しい情報を知りたい方

【学習方法】
学習の流れについて

詳細はこちら

【開講科目】
全科目のシラバスはこちら

詳細はこちら

【資格】
取得可能な資格について

詳細はこちら

【サポート体制】
学生支援センターについて

詳細はこちら

【サポート体制】
キャリアコーディネート室について

詳細はこちら

【学費】
学費制度やサポートについて

詳細はこちら

【先輩の声】
インタビュー記事について

詳細はこちら

【募集要項】
出願の期間や方法、提出書類について

詳細はこちら
ページトップへ

このページの先頭へ