八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >基礎プログラムの科目 >学習指導と学校図書館

学習指導と学校図書館

学校図書館には「学校の教育課程の展開に寄与すること」(学校図書館法第2条)が求められている。つまり、学校図書館には学習情報センターとしての機能を発揮し、学校におけるあらゆる教育活動を通して児童生徒の情報リテラシー能力を培うことが期待されているといえる。本科目では学習情報センターとしての学校図書館の役割、教科学習や総合的な学習の時間における学校図書館活用の実際などを学ぶ。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 モデルカリキュラムにおける科目名
2 T 12,000 4月・10月 必修 学習指導と学校図書館

履修生の感想(※感想は履修登録のものです。現在の学習内容と異なっている場合もございます。)

レポートの添削がとても丁寧で、次の課題につなげることができました。特に各課題が終わった後、どのような点を重視して評価したかメールで配信して下さり、レポート作成時に注意すべき点が分かりました。(2016年秋期履修生)

担当教員 メッセージ (野口 久美子 先生)

まず教科書を満遍なく読み、学校図書館の役割について理解を深めてください。その上で、他の参考文献(単行書、雑誌記事、新聞記事、Webなど)にあたってください。教科書だけですべての課題をこなそうと思わないようにしましょう。 可能な方は自校の学校図書館を観察したり、他校の学校図書館を見学したりした上で考察を深めるのも良いでしょう。積極的な学びの姿勢を期待します。質問は随時受け付けます。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ