八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >基礎プログラムの科目 >図書館サービス特論

図書館サービス特論

文部科学省「学校司書モデルカリキュラム」のうち「学校図書館における児童生徒及び教職員へのサービスの考え方や各種サービス活動についての理解を図る。」ことをねらいとする「学校図書館サービス論」を主な内容としています。 学校図書館の目的と機能を理解し、学校図書館の各種サービス活動に対する学校司書としての実践的資質の向上を目指します。 また、近年、公共図書館の学校図書館支援が重視されています。公共図書館がどのように学校図書館を支援していったら良いか考える上でも学校図書館の諸活動への理解が不可欠です。現職学校司書、学校司書希望者、公共図書館勤務希望者など、それぞれの立場で主体的に学校図書館サービスの学習に取り組んでください。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 モデルカリキュラムにおける科目名
2 T 12,000 4月・10月 必修 学校図書館サービス論

履修生の感想(※感想は履修登録のものです。現在の学習内容と異なっている場合もございます。)

なし (2018年4月からの新規科目のため)

担当教員 メッセージ (小川 三和子 先生)

教科書や参考資料を読んで、学校図書館の特性を理解し、教員や司書教諭等と連携して学校司書がどのように学校図書館サービスをしたら良いか考察してください。
2日本十進分類法(NDC)や様々な読書活動、今日の教育状況などを参考資料や既習科目の教科書等でさらに 深めて学習してください。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ