八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >応用プログラムの科目 >情報アクセシビリティとバリアフリーデザイン

情報アクセシビリティとバリアフリーデザイン

日本は高度高齢者社会に移行しつつあり、高齢者や障児害者(含む老人性感覚・運動・知的障害)の暮しやすい地域社会へと、制度・公共財・サービスの整備が急ピッチで進められています。そこで、近年の「ユニバーサルデザイン」「バリアフリーデザイン」「アクセシビリティーデザイン」について、具体例やバリアフリー新法を取り上げながら紹介してゆきます。
聞き手にやさしいプレゼン」「参加者が真に参加できるミーティング」のコツも紹介します。また、教育現場では、例規により障害児への「合理的な配慮」が義務づけられようとしていますので、どのように配慮されるかについても紹介してゆきます。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 モデルカリキュラムにおける科目名
2 S 25,000 10月 選択必修 学校教育に関する科目

履修生の感想(※感想は履修登録のものです。現在の学習内容と異なっている場合もございます。)

なし

担当教員 メッセージ (鈴木 啓之 先生)

以前は、難聴の方が一歩外へでると、家族と連絡を取ることさえ苦労していましたが、現在では携帯電話の標準機能であるメール機能やGPS位置情報利用してどんなことでもコミュニケートできるようになりました。
技術の進歩が障害克服や障害者の情報アクセスを保障し支える近代社会を、ぜひ体感してください

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ