八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >応用プログラムの科目 >障害児の理解と支援

障害児の理解と支援

「障害とは何か」をみなさんで考えた後に、各論として、
障害の種別(感覚障害、身体障害、知的障害、行動障害等)ごとに、
1)障害像、
2)障害の主要な生理的原因と医学的病態、
3)心理学的特性、
4)発達上の特性、
5)医学的支援と配慮、
6)教育的支援と配慮
について理解を進めてゆき、最後に公教育としての特別支援教育の現状について紹介します。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 モデルカリキュラムにおける科目名
2 S 25,000 4月 選択必修 学校教育に関する科目

履修生の感想(※感想は履修登録のものです。現在の学習内容と異なっている場合もございます。)

なし

担当教員 メッセージ (鈴木 啓之 先生)

この科目では、医学・生理学、心理学、教育学の立場から障害児理解を深めてゆくという方針です。
事前の予習は特に必要はありませんが、授業中に小テストやクイズを実施する場合があります。これは評価のためではなく、受講生の要望や興味を吸い上げて、当該授業や次の回の講義に反映させることを目的とします。奮ってレスポンスを返してください。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ