八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >応用プログラムの科目 >はじめて学ぶ臨床心理学

はじめて学ぶ臨床心理学

臨床心理学は、心理的に不健康な面、あるいは問題行動をもつクライエントをより健康的な方向に導くために、また現在は精神的に何の問題もない人達の“心の健康”の維持・向上のために、心理学や関連諸科学の知見と方法を用いて、専門的援助を行う応用心理学の一分野です。人間は生まれてから死ぬまで、何らかの問題・課題を抱えながら、各個人の知識や能力、個人を取り巻く環境に応じて、その問題を解決していきます。
本科目ではよりよい問題解決や援助の仕方を、臨床心理学の基本的な方法論と専門性から学んでいきます。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 モデルカリキュラムにおける科目名
2 S 25,000 4月・10月 必修 学校教育に関する科目

履修生の感想(※感想は履修登録のものです。現在の学習内容と異なっている場合もございます。)

なし (2018年4月からの新規科目のため)

担当教員 メッセージ (竹田 葉留美 先生)

本科目では以下のことを意識して授業を行います。
(1)臨床心理学の基礎知識の習得が目標となる。専門用語やエビデンスに基づく様々な理論、研究について理解し、説明できるようにする。
(2)精神疾患、援助方法(心理療法、カウンセリング)について学び、正しく理解する。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ