八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >応用プログラムの科目 >学校における人権

学校における人権

本講義では、「子どもと関わる先生」「子どもと関わる保護者」「子どもと関わる地域住民」「子どもと関わる様々な仕事に従事する者」を対象に、幅広く学んでいきます。
現代社会は、子どもの教育に対する支援体制の強化が求められています。例えば、学校における司書の配置や保育施設の増設や従事者の報酬引き上げなどが挙げられます。従事者の権利が向上されることで、自(おの)ずと責任も求められてきます。また「子どもの社会」の現状を把握することなく「大人の社会の常識」で子どもの世界に土足で踏み込むことは、可塑性の高い子どもたちの心に様々な影響を与えることになります。
そこで本講義では、「子どもと関わる〇〇」(〇〇は学ぶ学生よって異なる)に共通して必要な点についてテキストにまとめてあります。また本テキストは、テキスト履修の自学自習の孤独感を少しでも感じずに学べるように工夫を凝らして作成をしています。
なおテキスト科目であり、理解が難しい、解説を希望される方は、スクーリング科目の「現代社会と少年非行」前半部分でも非行と関連する内容を扱っていますので、併せて学んでください。理解度はアップします。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 モデルカリキュラムにおける科目名
2 T 12,000 4月・10月 選択 学校教育に関する科目

履修生の感想(※感想は履修登録のものです。現在の学習内容と異なっている場合もございます。)

分かりやすい教科書でした。また先生のフォローも多く、助けられました。(2016年秋期 履修生)

担当教員 メッセージ (小関 慶太 先生)

この科目の学習目標は以下の4点です。
(1)学校における法的要素を考える力をつける。
(2)学校と人権をどのように活かすことが可能かを考えていく。
(3)子どもとの関わり方、教職員として学校や子どもとのかかわり方について学ぶ。
(4)レポートを書く上で最低限のルールを身につけられるようになる。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ