八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >応用プログラムの科目 >児童資料特論

児童資料特論

本科目で主要テキストとする『児童文学論』は20世紀半ばにシカゴのアメリカ図書協会から出版されたものですが、私たちが手にすることのできる数々の児童文学論の中にあって、未だにその輝きを失っていない名著です。叙述の順序は児童文学の問題、児童文学の系譜、批評の態度、昔話、神々と人間、叙事詩とサガの英雄たち、詩、絵本、ストーリー、ファンタジー、歴史小説、知識の本、結びとなっています。本書を熟読することで、児童文学やYAに関連する基本的、かつ、重要事項を把握することができます。
また、『英米児童文学ガイド』は第一部に研究へのアプローチとしてYAを含め17の最良の児童文学作品の論考が載せられています。それらを考察することにより、良い児童文学、YA作品とは何かを具体的に知ることができます。さらに参考文献を併せ読むことにより児童文学世界を探求する有益な情報を得ることができます。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 モデルカリキュラムにおける科目名
2 T 12,000 4月・10月 選択 学校図書館に関する科目

履修生の感想(※感想は履修登録のものです。現在の学習内容と異なっている場合もございます。)

なし (2018年10月からの新規科目のため)

担当教員 メッセージ (髙橋 清隆 先生)

良い児童文学とは何かを知ることを一般目的とします。その上で、それらを選ぶ資質を身につけることを目標とします。そのためには、テキストの熟読とともに、できるだけ多くの児童文学に接することが必要となります。子どもの頃の読書体験を思い出しながら、幼い頃に読んだことのある本を再び手にとって読んでみる、また、参考文献を活用し、読んでみることもいいでしょう。多くの児童文学、YAに親しんでください。そこから、子どもと大人にとって児童文学、YAが何をもたらしてくれるのか考えてみましょう。そうすることにより、数ある児童文学の中で、長年読み継がれている児童文学にはどのような特徴があるのかを知ることができるでしょう。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ