八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >応用プログラムの科目 >教師論概説~教育者としての教師論~

教師論概説~教育者としての教師論~

大きく変化を続ける現代社会、そして教育界において、教師とはどのように在り、またどのような役割を果たすべきなのでしょうか。
本科目では「教育とは何か」、「教育の意義とは何か」、「理想の教師像とはどのようなものか」といったことについて、教育史に名を残した教育者の理論と人生から学びます。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 モデルカリキュラムにおける科目名
2 T 12,000 4月・10月 選択 学校教育に関する科目

履修生の感想(※感想は履修登録のものです。現在の学習内容と異なっている場合もございます。)

なし

担当教員 メッセージ (山鹿 貴史 先生)

この科目の学習目標は以下の3点です。
(1)教育とは何かということ、またわが国の教育行政や制度について、その概要を把握する。
(2)教育史に名を残した教育者の人生と教育理論について理解する。
(3)現代社会における理想の教師・教育者像について、自らの考えを持つ。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ