八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >応用プログラムの科目 >学校、家庭、地域の連携協力論

学校、家庭、地域の連携協力論

現在進められている教育改革においては、「社会に開かれた教育課程」、「チーム学校」、「アクティブ・ラーニング」などに見られるように、地域や家庭との連携協力による取組が基盤となっています。コミュニティスクールの拡大や地域学校協働の推進が提唱され、今後ますます学校、家庭、地域の連携協力は重要なものとなっていくことが予想されます。そこで本講義では、学校、家庭、地域の連携協力に関するこれまでの経緯や、連携活動の実際及び今後の方向性、課題等を学びながら、知識を身につけることを目標とします。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 モデルカリキュラムにおける科目名
2 T 12,000 4月・10月 選択 学校図書館に関する科目

履修生の感想(※感想は履修登録のものです。現在の学習内容と異なっている場合もございます。)

学習により、これまでどうしたら良いものかと思案しておりましたが、地域との関わり方が見えてきました。ありがとうございました。(2017年春期 履修生)

担当教員 メッセージ (井上 昌幸 先生)

この科目の学習目標は以下の2点です。

(1)学校と地域の連携の仕組みについての知識
学校と地域の連携の歴史、連携に関する社会教育行政の取組、学校教育の改革、地域と連携した家庭教育支援、今後の学校と地域の連携の目指す姿等を学習します。

(2)コーディネートに必要な基礎知識
学校と地域の連携と教育課程、地域学校協働活動、学校と地域を結ぶコーディネーター、コーディネーターが身につけるべき知識・技術等を学習します。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ