八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 >応用プログラムの科目 >読書教育特論

読み聞かせと生涯学習

絵本と読み聞かせを題材として取り上げ、これらを媒体に、絵本の選び方や読み方、人と人(聞き手と読み手)が関わる「読み聞かせ会」に焦点を当てます。読書とは異なる読み聞かせの意義などを学ぶとともに、生涯に渡って人とコミュニケーションを図りながら絵本を楽しめる実例を紹介します。また、読み聞かせのあり方や読み聞かせを通じて、大人にとっての学びについても考えていければと思います。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 モデルカリキュラムにおける科目名
2 S 25,000 4月または10月 選択 学校図書館に関する科目

履修生の感想(※感想は履修登録のものです。現在の学習内容と異なっている場合もございます。)

絵本の読み聞かせについて、どのような背景があり、どのような効果をもたらすのか、どのような読み聞かせのテクニックがあるのかが大変わかりやすかった。テキスト履修ではわからないニュアンス、絵本を通した愛情という抽象的な概念がスクーリング履修だからこそわかりました。(2016年秋期 履修生)

担当教員 メッセージ (降籏 美月 先生)

この科目の学習目標は以下の2点です。
(1)絵本の選び方や読み方を理解すること。
(2)読み聞かせ会の実施方法や読み手ボランティアの育成方法を学び、実際に企画出来る力を身につけること。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

八洲学園大学パンフレット ※八洲学園大学の各種資料をダウンロード頂けます。

ご希望の資料はPDFでも閲覧可能です。
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ