八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 > 図書館司書 > 情報サービス論

図書館司書取得を目指す

情報サービス論

現在の図書館では、単に利用者の利用を待つだけではなく、図書館側から積極的・能動的に利用者の要求に応えていくサービスも不可欠である。利用者の情報要求に応えるレファレンスサービス・情報検索、さまざまな情報要求に対して情報源を紹介するレフェラルサービスなどの情報サービスの意義を明らかにし、各種サービスを総合的に解説する。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 改正後の図書館法施行規則
で定める科目名
2 T 12,000 4月・10月 必修 情報サービス論

学習の要点

図書館においては、資料の貸出、閲覧の他に、資料・情報を探索して利用者に提供する情報サービスがある。利用者の様々な局面において出てきた質問に対して、図書館にある資料を図書館員がその書誌的知識と探索技術を駆使して探し出し、必要な資料・情報を提供する「レファレンスサービス」がその代表である。その意義、種類、探索技術などを説明する。また、調査に用いる参考図書の種類、特性なども解説する。より迅速的確な情報を提供できるようになるためにデータベースを使った探索方法なども説明する。また、発信型情報サービスや情報サービスに係る知的財産権についても触れていく。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

資料ダウンロード
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。
(出願はインターネットから行うため、願書などは同封されておりません。)
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ