八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 > 図書館司書 > 図書館概論

図書館司書取得を目指す

図書館概論

情報化社会といわれるほど、現代は資料、メディア、情報が氾濫し、人間は一体どれが自分に必要なものか、なかなか判断できない。「情報選択能力(情報リテラシー)の育成」が必要である。こうした時代に、図書館は人類の知的遺産である図書をはじめとする資料を蓄積保存して、利用者の求めに応じて提供する役割を果たしている。この科目では、図書をはじめとする資料・メディアの役割、図書館の機能・目的、種類、あるいは「図書館の自由」の問題、図書館員の問題、図書館学とは何かなどについて学びます。また、印刷資料の他にインターネットに代表される多様な情報資源に図書館がどのように対応していくのかも考えられるようにします。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 改正後の図書館法施行規則
で定める科目名
2 T 12,000 4月・10月 必修 図書館概論

学習の要点

到達目標は以下の3点である。

(1) 図書館の定義、基本理念、機能、種類および司書の役割や専門性について、概要を説明することができる。

(2) 生涯学習と図書館、図書館の歴史、出版との関わり、図書館の自由、公共図書館経営・制度(法律、行政組織の仕組み、連携協力など)、公共図書館以外の各種図書館について、概要を説明することができる。

(3) 公共図書館の役割、あるべき姿、今後の課題などについて、自身の言葉で説明することができる。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

資料ダウンロード
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。
(出願はインターネットから行うため、願書などは同封されておりません。)
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ