八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 > 図書館司書 > 図書館制度・経営論

図書館司書取得を目指す

図書館制度・経営論

図書館に関する法律、関連する領域の法律、図書館政策について学習するとともに、図書館経営の考え方、職員や施設等の経営資源、サービス計画、予算の確保、調査と評価、管理形態等について学習します。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 改正後の図書館法施行規則
で定める科目名
2 12,000 4月・10月 必修 図書館制度・経営論

学習の要点

本科目は、内容的に図書館制度論と図書館経営論の2つに大きく分かれますが、「制度」は図書館を成り立たせる与件・基盤、また図書館を経営していく上での資源(リソース)と捉えることもできます。したがって、本科目は、①図書館を「経営」という視点から捉え、機能・組織・施設としての図書館のあり方について考察すること、さらに、②図書館を経営していく上での実務上の諸課題について分析し、解決策を提案していく能力・知見を養うことを学習目標とし、そのために、③図書館を支える法制度・政策を理解し、制度のあり方を検討する必要があるというスタンスに立っています。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

資料ダウンロード
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。
(出願はインターネットから行うため、願書などは同封されておりません。)
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ