八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 > 図書館司書 > 図書館基礎特論

図書館司書取得を目指す

図書館基礎特論

著作権法の目的に「文化の発展に寄与すること」があります(著作権法1条)。そして、図書館法1条にも同じく「文化の発展に寄与する」という文言があります。このように、著作権と図書館は共通の目的を有しています。そして、この目的を達成するためには、国家資格者としての「知識」と「意識」を高めることが重要となります。そこで、Q&A方式のテキストを使用し、基礎知識を確認しつつ、実際の現場での意識を高めていくことを目標にします。国家資格を有することへの自覚と現場での基礎対応力を養っていただきたいと思います。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 改正後の図書館法施行規則
で定める科目名
1 T 6,000 4月・7月・10月・1月 選択必修 図書館基礎特論

学習の要点

具体的なケースにあたり、著作権の基礎知識を確認し、妥当な結論を検討する。また、図書館に関する裁判例についても積極的に検討を進めてください。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

資料ダウンロード
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。
(出願はインターネットから行うため、願書などは同封されておりません。)
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ