八洲学園大学トップ > 取得できる国家資格等 > 図書館司書 > 図書・図書館史

図書館司書取得を目指す

図書・図書館史

図書をはじめとするメディアの形態、種類並びに流通の問題を扱う。ついで、日本および諸外国における図書館の発展を述べる。アレキサンドリア図書館のように王侯、貴族など特権階級が保有、利用していた図書館から、アメリカ・イギリスにおける公共図書館の誕生に至るまでを考察する。また、日本の公共図書館の発展を、日野市立図書館誕生の前後を比較することによって、考察する。

単位 形態 学費(円) 履修開始時期 履修方法 改正後の図書館法施行規則
で定める科目名
1 T 6,000 4月・10月 選択必修 図書・図書館史

学習の要点

この科目は下記を到達目標としている。

①文字の成立と文字によって書かれたさまざまなメディアの歴史や意義が説明できる。

②世界の図書館の発展と意義が説明できる。

③日本の図書館の発展と意義が説明できる。

④メディアと図書館の歴史を理解した上で,メディアと図書館の現在の動向や今後の展開について考察できる。

詳細はこちら ※閲覧の際は開講期にご注意ください。

資料ダウンロード
PDFファイルを閲覧するには、Adobe Acrobat Readerをインストールしてください。
(出願はインターネットから行うため、願書などは同封されておりません。)
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ
ページトップへ

このページの先頭へ