八洲学園大学トップ > 科目シリーズ > 「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編
八洲学園大学の科目シリーズ〜「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編〜
人間論
開講期:春
テキスト
基礎
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

本科目では、自己確立の方法論を学びながら、人間としてあるべき姿を考察します。自己確立の力を、忍耐力、問題解決力、コミュニケーション力、共生力の4つに分けて、それぞれの内容を具体的に学習します。厳しい時代に生きていくために必要な自己確立とは何かという点に問題の所在を置いて、生きる力を具体的に考えてみましょう。

《メッセージ》

特に事前の知識は必要ありません。
どなたでも履修可能です。
自分に自信のない方、強い自分になりたい方、こころの働きに興味のある方など、どなたでも大歓迎です。
一緒に自己確立の方法について学びましょう。

生きる力のもとの探求
開講期:春・秋
テキスト
基礎
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

人は、苦しいことにみまわれたり、することがうまく行かなかったり、人間関係がこわれたりすると挫折感を味わうことがあります。それは、人間であるから、あって当然のことなのですが、そこから抜け出せないこともあります。かつては、時間が豊かに流れ、人間関係が濃密で、体験の機会も豊富にあって、その中で試行錯誤を繰り返して強く生きるすべを学ぶことができていました。しかし、現在は、時間が小刻みに設定され、人間関係が希薄になり、体験の機会も減ってきています。そのようななかでは、うまくいかないことの悩みは大きくなります。ハラスメント、DV、虐待、暴力、いじめ、自殺などの社会問題も増加してきました。そのような社会的状況の中、文部科学省は、学習指導要領の前面に、「生きる力」の育成を掲げています。その、生きる力の育成は、子どもだけの問題ではなく、大人にも強く求められているといえるでしょう。
そこで、本科目では、現にたくましく生きている人たちのことを記した話を読み、そこに示されている人の人生観を読み解き、生きる力のもとを探求してみます。良い話を読むと、心が洗われるような気がします。そして、自分に、今まで以上に、生きることにまじめに向き合おうとする力がわいてきます。それによって、自分の生き方を、今までより大きな視野から見ることができるようになることを目標としています。具体的には、テキストに紹介されている人の人生観をもとにして、自分に、新たなものの見方を加えて行くことになります。

《メッセージ》

テキストには、茨城県教育委員会が編集した高校生の道徳『ともに歩む』を用います。同書には、35編の、人生に対するエッセーや、人生の節目となった体験談などが紹介されています。それを、次のような視点で読みます。
1 前途を切り拓く、2 流れをつかむ、3 自分を動かす、4 夢に向かう、5 芯を出す、6 対話をする、7 己を尽くす、8 美しさを求める、9 心を洗う、10 幸せを実現する、11 自分を生かす、12 気高さを意識する、13 自分を生きる 、14 支えられる、15 自分を磨く
この視点ごとに、『ともに歩む』に所蔵された話が2話、及び3話ずつ、配当されます。それぞれの話の読み方は教材機能で配信します。それを参考にして、生きる力のもとを、探求してください。

問題解決と意思決定
開講期:春
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

組織で仕事を行う場面で「仕事能力の向上」とは何かを考えてみる。
特に、日常の業務で頻繁に発生する問題への局面打開からさらに前進行動する際の解決の仕方を学ぶ。問題を解決し成果につながることが仕事能力に成るのだ。さらに、行動への判断業務の意思決定は成果に直結する。将来への業務、成果への意思決定はリスクを伴うので、リスクを如何に最少にするかが仕事能力に成るのだ。
本講義では仕事能力の本質を見極め、それを基本能力として具備出来る人に成ることを目標として進める。

《メッセージ》

組織で仕事を進める際の基本的能力を理解しようとする人すべてが対象です。既に業務に携わっており、さらに仕事能力を向上させたいと考えている人は当然対象です。また、今は学生であるが将来組織の業務に従事したいと考えている人で、どのような基本能力を具備しておくべきかを知ろうとしている人も対象です。
なお、「仕事学のすすめ2(起業家と会社人間)」とはシリーズ講義です。内容が独立しているので、どちらから受講されてもかまいません。シリーズ受講で仕事について広範囲の知識が得られます。
*講義時間の関係から、再配信受講も可能です。受講結果の意見を送付してください。

キャリア・ディベロップメント
開講期:秋
テキスト
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

本科目では、キャリア・ディベロップメント(キャリア開発)の必要性と基本的な考え方について取り上げます。
長引く不況のもと、ますます自律した働き方の必要性が問われています。
・自律力を身につける
「自律」とは、「自らをコントロールできること」と、本科目では定義します。キャリアをデザインするということは、自らの進む道を自律的に選んでいくということです。
キャリアの意味、自己理解の方法、我が国の労働市場や働く上で必要な能力に関する理解を深めることによって、自らのキャリアをデザインできる力を身につけられる内容となっています。

  • 担当教員:永田幸江
《メッセージ》

キャリアに関する学習が初心者の方でも十分興味が持て、また学習後に自己のキャリア・ディベロップメントに役立つ内容となっています。本科目を受講することで、これまでのキャリアの棚卸しやこれからのキャリアをデザインできる力が身につきます。専攻分野に関係なく、多くの方の受講をお待ちしております。

社会人基礎力-仕事をする人から仕事ができる人へ-
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

2006 年に経済産業省で提唱された社会人基礎力、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていく力」について習得していきます。
・社会人基礎力は「3 つの能力」と「12 の能力要素」で構成されています。それぞれの能力と能力要素に付いて理解し、社会人として、その基礎力の重要性と活用方法を身に付けていきます。
・社会人基礎力は社会に出た若年層や学生を対象に作られたと言われています。しかし、実情は現役の社会人にも、仕事を進めていく上で、求められる能力です。
・社会人としての「基本スキル」を知る事で、企業の資産である「部下育成」の重要ポイントを身に着けていきます。
・「社会人基礎力」をきちんと理解・習得する事で、「仕事をする人」から「仕事が出来る人」へと、実践的な人材となるポイントを学べます。

《メッセージ》

どなたでも受講することができます。スクーリング科目として開講しますが、再配信授業の対象科目と位置づけておりますので、当日受講できない方は授業内容のレポートを提出してください。
社会人として「社会人基礎力」の「12の能力要素」は身に付けておけ!社会人として必要な能力を身に付けておくことは、必須項目になっています。自分の「社会人基礎力診断」が無料で診断できます。
皆さんの受講をお待ちしております。

キャリアデザイン1
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

「キャリアデザイン」とは、自分自身の大学生活や職業人生、キャリアについて、自らが主体となって構想し、実現していくことをいいます。
本講座の「キャリアデザイン1」では、自分の夢を実現する為に、現状の自分の経験やスキルベースを再認識し、「ありたい将来像について」を考慮しながら、自らの持つ能力を活かすための「大学生活のキャリアデザイン」の形成を進めていきます。
・自己分析 自分を客観視する事で自己理解を深める
・自分の傾向を知り、その傾向がどこから生まれてきたのかを模索する
・自分の夢へのアプローチの「土台作り」を行う

《メッセージ》

どなたでも受講することができます。スクーリング科目として開講しますが、再配信授業の対象科目と位置づけておりますので、当日受講できない方は授業内容のレポートを提出してください。
自己を客観視する視点の養成・自己資源の再認識を行い、自己理解を深めていきます。
自己理解から、大学生活の「キャリアデザインの構築」と「大学生活のキャリアデザイン」作成し、自分の「夢へのアプローチ」の土台作りを行います。

キャリアデザイン2
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

「キャリアデザイン」とは、自分自身の大学生活や職業人生、キャリアについて、自らが主体となって構想し、実現していくことをいいます。
本講座の「キャリアデザイン2」では、自分の夢を実現する為に、自分の将来像を明確にし、「自分の将来像について」へのマイルストーンを創造していきます。
大学卒業後、「自らの持つ能力を活かすため」の「人生のキャリアデザイン」の形成を進めていきます。
・社会に出た時の必要スキルを知る
・自分のスタイルを知る(リーダーシップスタイル)
・自己価値観を創造する

《メッセージ》

どなたでも受講することができます。スクーリング科目として開講しますが、再配信授業の対象科目と位置づけておりますので、当日受講できない方は授業内容のレポートを提出してください。
自己を客観的する視点の養成・自己資源の再認識を行い、自己理解を深めていきます。
「キャリアデザイン1」から、人生の「キャリアデザインの構築」と「人生のキャリアデザイン」作成し、自分の「夢への旅立ち」の準備を行います。

PC実践スキル~Wordを使いこなす~
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

業務を行う上で必須となるソフトウェアであり、求職の募集条件となることが多い、マイクロソフトWordを使うための知識とスキルを身につけることを目標とします。
初めに、マイクロソフトWordの基本機能について学びます。次いで、報告書作成に利用する機能を学びます。Excelで作成したグラフやPowerPointで作成した図を報告書に盛り込むことがよくあり、その方法も解説します。また、パラグラフライティングによる、実践的な報告書の作成技法を紹介します。

《メッセージ》

分からないことがあれば、いつでもご質問ください。インターネットにはたくさんの情報がありますが、古かったり、似ていても探している情報とは違ったりして、必要な情報が探せないことがよくあります。受講の利点は、質問できることです。どんどん質問してみてください。
皆さんの受講をお待ちしております。

プレゼンテーション概説
開講期:春
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

【「プレゼンテーション」を学ぼう】
プレゼンテーションとは、「決められた時間内で」、「自分(個人または集団)の意見や考えを主張し」、「相手(聴衆)に伝える」ための発表または表現のことです。 現代社会とは「高度情報社会(情報化社会)」ともいわれ、誰でも容易に多様な方法で情報を発信することができます。しかし様々な情報が溢れる一方で、適切な「プレゼンテーション」を行うための技術を学べる機会は、実はあまり多くないということも指摘できます。本講座では、プレゼンテーションに必要なソフトの操作技術だけではなく、プレゼンテーションを行う上で役立つ知識と初歩的な技術を身に着けることを目的とします。

《メッセージ》

本科目の目標は以下の通りです。
(1)プレゼンテーションとは、一体どのようなものなのか理解する。
(2)見やすいスライドを作るために必要な技術を身につける
(3)プレゼンテーションソフトの使い方を把握する。
特に「メディア授業」という教育方法の特性から、実際にプレゼンテーションを行う実技ではなく、「プレゼンテーションに対する理解」、ヴィジュアル・プレゼンテーションの観点から「見やすいスライドを作成する技術修得」という点を重視して学んでゆきます。

論述力スキル(アカデミック・ライティング)
開講期:秋
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

当科目では、「アカデミック・ライティング」の基礎を学ぶ。具体的には、大学の授業で課されるレポートや研究論文の書き方について取り上げる。受講者には、具体的な試作の作業を通して、アカデミック・ライティングの基礎を身につけてもらうことになる。
「レポートや論文の書き方」として捉えられる範囲には、「レポート提出の締め切りを確認する」といったごく基本的なことから、調査結果のまとめ方、本文中での記号の使い方、清書の際に気をつけることなど、様々な内容が含まれる。当科目では、シミュレーション的な試作の作業を通して、レポートや論文を書くための準備作業から、提出するまでの作業を、順を追って体験的に検討してもらう。受講者は、そうした試作を通してレポート・論文制作の基礎を身につけ、各自の学習・研究活動に役立ててほしい。

《メッセージ》

この科目の目標は、レポート制作作業の効率化と、レポートの質の向上の二つです。半期15回のスクーリングで、レポートが出題されてから提出するまでの全段階の作業を確認していきます。引用や参考文献の示し方、構成や表現等、直接「執筆」に関わる作業だけでなく、出題に対する理解・確認の仕方やスケジュールの立て方、作業上の力点の置き方など、レポートの「制作」に関わる様々な作業についてトレーニングしていきます。

速読の理解と実践
開講期:春
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

脳の活性化を行い、速読の習得はもちろん、これからどの分野でも役立つ記憶力・集中力を高めることを目標とします。
これからどの分野に進んでも本を読むことは必須。内容の理解を落とさずに今よりも2倍~7倍のスピードで読むことができたら、様々なことに役立てるであろう。『飛ばし読み』や『斜め読み』等のテクニックではなく、熟読で速く読めるスキルを習得する。

《メッセージ》

速読を授業の一環で習得できるのは貴重です。是非、この機会に身につけ、今後に活かしてください。分からないことがあれば、いつでもご質問ください。 皆さんの受講をお待ちしております。

レポートの書き方入門
開講期:春・秋
スクーリング
基礎
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

本科目では本学で学ぶにあたり,最低限習得しておきたいレポート執筆スキルを扱います。本科目で扱うスキルはどの科目のレポートを書く際にも役に立つものばかりです。計画的にワークをこなすことでレポート執筆スキルを身につけられれば,自信を持って各科目のレポート作成に着手できるようになります。
また,論理的で説得力のあるレポートの書き方を身につけると実社会でも必ず役に立ちます。他者に自分の考えやアイディアを分かりやすく伝え,読む人を納得させることのできる文章を書けるようになれば一生涯のスキルとなるでしょう。就職活動,キャリアアップにも有用です。

《メッセージ》

次の2つのスキルを身につけることを最低目標とします。
(1) レポートを書くための基本ルールを理解し,実践できる(レポートの種類・構成,適切なタイトルの付け方,引用・要約の方法,参考文献リストの書き方,剽窃は何故いけないのかなど)
(2) 分かりやすい日本語を書くための方法を理解し,実践できる(話し言葉と書き言葉の区別,主語・述語の対応,事実と意見の区別,パラグラフ(段落)の重要性など)

論理的思考1(数学的思考と発想)
開講期:春
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

天秤を使って偽硬貨を見つけるというパズルを題材にして、数学的な考え方を身につけることを目標とします。特に、場合分けという、緻密な思考方法の養成に役立つと思われる考え方に重点を置いて解説します。パズルの本でよく見かけるのは、偽硬貨が1枚の場合ですが、ここでは、偽硬貨が2枚の場合や3枚の場合を考えていきます。

《メッセージ》

たとえば、3回目の授業では、7枚中2枚の偽硬貨を、天秤を3回用いて特定する問題(偽硬貨は真正の硬貨より軽く、偽硬貨同士は同じ重さであることがわかっているとします)を取り扱う予定です。このように、毎回具体的な問題を取り扱いますので、パズルを解くような感覚で考えていただくことが大切です。

マインドマップを使った放射思考演習
開講期:春
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

マインドマップは記憶・学習・発想に役立つ思考ツールとして世界100ヶ国以上で使われています。マインドマップの特徴は放射思考と呼ばれる独特の思考法にあります。
テーマを中心にして放射状に四方八方へデータの階層を作り、各種データ間の関係に一時的かつ無造作な順序づけをおこなってツリー構造に表すことにより、情報に構造を与えたり情報を浮かび上がらせると同時に、情報の想起、整理、記銘を促すことができます。
この講座ではマインドマップの構造、理論を理解すると同時に、それによって引き起こされる放射思考をさまざまな実用ケースにおいて演習していきます。

《メッセージ》

本講座は年齢や経験を問わず、どなたでも短期間で思考力のレベルアップをはかることができるエキサイティングな講座です。本学で学習を進める上でとても役立つ学習スキルとして、全ての学生に有益な講座としてお勧めします。

思考のための読書技術
開講期:秋
テキスト
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

読書技術は学習のための基礎スキルとして最も重要なものの一つです。速読、熟読など、さまざまな読書技術が知られていますが、そもそも本は読む目的と自分と本のレベルの関係性によって読み方を変えることが大切であって、速さだけを競うものでもありません。
この科目では読書法における古典的名著『本を読む本』をテキストにして、効率的かつ思考と学習に役立つ読書技術を身につけることを目指します。実際に優れた書籍をいくつか読み解いていくことによって、知的生産に役立つ読書習慣をスタートさせる手助けとしていきます。

《メッセージ》

読書習慣は人生を変えます。私は小学生の頃は本を全く読まず成績も下位だったのが、中学で読書習慣をつけたことで年間百冊の本を読むようになり、成績も一気にトップクラスに登りつめました。現在私はビジネスマン向けに読書法のセミナーを開催し、受講生の中には半年で800冊読破する人も出ています。この科目では、自分の読書体験、これまでの指導経験をもとに、大学生にふさわしい読書力を無理なく身につけられるようになるよう構成しています。本をほとんど読まない方から、読書が趣味という方まで、誰にでも役立つ科目です。

法学概論
開講期:春
スクーリング
基礎
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

法律は身近な存在です。例えば、「交通ルール(道路交通法)」です。交通ルール以外でも、ネットショッピングやSNS の利用、仕事でも法がかかわっています。この授業では、憲法、民法、刑法などの「法とはどういうものなのか」について、法の考え方を解説します。
【法の考え方を知る】
憲法、民法、刑法…様々な法律がありますが、それぞれが存在するには背景があります。その背景から、各法律の考え方(哲学)があります。まずは、その考え方を学びましょう。法の考え方を知ることが、仕事や私生活での課題解決に向けての思考方法の一つとなります。
【法は知らなければ味方にならない】
そもそも、法律の存在(概要)を知らなければ、何かが起きたとき、法律を使った対処をすることができません。また、法律の存在を知ることで、仕事や私生活でのリスクマネジメントをすることができます。例えば、交通事故(=リスク)に合わないように「交通ルール」(=法律)を守る(=マネジメント)していますよね。
このリスクマネジメントの視点をさらに広げていきましょう。

《メッセージ》

法律を学ぶのが初めての方を想定して授業を行います。本講座と並行して、関連科目を学ぶことにより、考え方の習得と法律知識の習得ができるようになります。
法律を学ぶということは、仕事や私生活における「リスク」を予測し、そのリスクの低減などの対策を講じる上で役に立ちます。具体的な事例を用いながらの授業をしていきますので、想像力を存分に発揮して、法律を学んでください

日本国憲法と現代社会
開講期:春
スクーリング
基礎
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

【日本国憲法とライフスタイル】
近年、日本国憲法の改正が話題取り上げられています。日本国憲法について多くの書籍も出版されています。しかし、本を読むにも、難しそう、なんとなく腑に落ちないということも。そこで、日本国憲法について最高裁判決をベースにして日本国憲法について学んでみましょう。最高裁判決をベースにすることで、具体的なケースを学び、自分のライフスタイルに照らし合わせながら理解することができるはずです。
【これからの憲法を考える】
日本国憲法は、国内の最高法規として存在します。そして、私たちの自由と権利を保障し、その保障を実効ならしめるため国家権力を制限する規範として重要な役割を果たしています。その役割を、理解してこれからのあり方を考えてみましょう。

《メッセージ》

日本国憲法の改正の議論がなされていますが、そもそも日本国憲法の内容を知らなければ、その議論について何を検討すべきかのイメージがわきません。
法律はもちろんですが、日本国憲法は、私たちの仕事や生活(ライフスタイル)に大きな影響を与えています。
私たちの仕事やライフスタイルと照らし合わせながら、日本国憲法の内容について学びましょう。
全く初めての方でも分かりやすく、様々なケースや具体例を挙げていきます。

コンプライアンス概論
開講期:秋
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

<失敗からコンプライアンスを学ぶ。>
企業の不祥事の事例からコンプライアンスとは何か?を学びます。法的思考から問題点の発見から課題解決過程を習得していきます。実際に起きた事例や裁判例などを学習素材として用い、様々なビジネスシーンを想定して幅広く実践的な学習を行っていきます。

【ビジネスにおける課題解決力を身につける】
・法的な観点を加味した「課題解決力」を、様々なケースで応用できるように学習を勧めていきます。

【法律知識を身につける】
・ビジネスだけではなく生活の中でもかかわりの深い法律に関する知識を、条文を覚えるということではなく、法的感覚を養うことで身につける。

《メッセージ》

・本講義は、個人情報を扱う「司書資格」取得を目指す方はもちろん、どなたでも受講可能です。どういったシーンでどういった法律が適用され、運用されていくのかを体感することは、卒業後の人生において役に立つものです。
・実際に迫力のあるやりとりを体感するため教室で受講していただくことも大歓迎です。

情報技術と社会~資格取得も視野に~
開講期:秋
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

現代社会は、情報通信技術の発達により「高度情報社会(情報化社会)」とも呼ばれています。情報通信技術は、私たちの生活や業務には欠かせない要素となりましたが、その一方で、情報技術を活用する能力には大きな格差が存在しているという事実が指摘されています。本講義では、大学生や社会人にとって、情報技術のスキルアップが可能となる身近な資格である「情報検定」の対策を学ぶと同時に、「社会と情報」の在り方に関しても議論を行ってゆきます。

《メッセージ》

以下のような観点から学修を進めてゆきます。
・情報社会の現状と課題
・情報資格の概要と社会的評価
・情報検定受験の対策
履修者の皆さんの授業への積極的な参画を期待します。よろしくお願いします。

デジタル・ネットワーク社会の知的財産権:著作権を含む
開講期:春・秋
テキスト
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

インターネットが形成する情報空間では表現の自由や学問の自由、信教の自由、そしてプライバシーといった基本的人権が守られなければならない一方、そこを流通する情報のなかには市場取引される知的財産権によって保護されているものもあります。
パソコンやタブレット、スマートフォンでインターネットに接続し情報や知識を得ないと生活ができないデジタルネットワーク社会に生きているわたしたちにとって必須不可欠なデジタル知的財産権について学びます。

《メッセージ》

先端的なテーマで、いろいろな立場、利害関係をもつ人たちが自分たち、自分の業界にとって都合の良い議論をしています。わたしたちは、市民として、消費者としての利益をふまえながら考えていきましょう。できるだけ分かりやすく進めたいと思っています。自分で調べられても、分からないこと、知りたいことがあれば、質問機能を使ってください。司書資格の取得にあたっての選択科目のひとつで、「図書館概論」などの諸科目、司書教諭の資格取得科目のうち「情報メディアの活用」に関係する内容で す。

「学び」と「教え」のこれまでとこれから
開講期:春・秋
テキスト
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

「教育とは何か」を正面から考えてみませんか?
先進的で効率的に実行されている教育は、「学力を向上」させたり、「活気ある街づくりや地域の再生に一役」買っていたりします。本学で学ぶ皆様の中にも、「自分もそんな活動に触れ、プランを提案できれば」と思う方が多数おられることでしょう。
本講義は、そのためのやり方・ノウハウを直接示すものではありません。「やり方」や「ノウハウ」の意味を問い直し、使いこなすための基盤を学ぶために設定する科目です。
内容的には「教育の本質、人類の歴史」、「文明の発生から近代に至るまでの教育の歴史」、「現代教育の諸問題の考察」となります。

《メッセージ》

かねてから通信教育の可能性を拡充できたらと思い、単位や資格取得優先の現状に一石を投じたいと願ってきました。本学で「教育・人間・私を真剣に考える科目」を提供できる機会を与えていただき、教育の哲学・歴史を学び直し、それが「自分を問い直す」学習活動でもあることにつながる講義を構想してみました。
本科目は、講義を提供する側、履修し自らの学びを作り出していこうとする側双方の共同で、e ラーニングの新しいスタイルを創造しようとするものです。「学ぶ姿勢」である皆様にとって必ず刺激的な話題があると思っています。「ほんものの教育」を追究するきっかけとなるよう、履修していただければと願っています。

はじめての簿記
開講期:春
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

本科目では、複式簿記について学習する。簿記上の取引を、借方(左側)と貸方(右側)に分けて記帳する技術を身につける。複式簿記の基本原理、簿記一巡の手続を学習し、簿記・会計学の基本的な事項を理解することを目的とする。

《メッセージ》

日商簿記3級程度の記帳技術を習得する。初心者を対象とし、分かりやすい授業を行いたい。授業はおおむねシラバスに沿って進めるが、受講者の人数・興味・理解の度合い等によって、授業内容が前後・変更することがある。

教育者のためのカリキュラム論と実践方法
開講期:春・秋
テキスト
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

教育という営みは、社会のあらゆる関係の中で行われています。本科目では、学校をはじめ、家庭や企業あるいは地域での様々な活動で、「何をどう伝えるか」の理論や実践方法を学んでいきます。何かを知りたいときに、それが上手に提示されているかを確認できるのが「カリキュラム」(教育課程)です。
学校教育をはじめ、生涯学習から受験産業や早期教育に至るまで、カリキュラムと教材が提供されています。それぞれのカリキュラムでは様々な工夫がされていますが、提供する者の意図通りにいつも学びが進むとは限りません。現実的には、往々にして教育者の実践的な方法や技術が成果を左右します。「何のために、何を、どう伝えるか」、これは教育にとって最重要な課題なのです。
また本科目の内容は教員採用試験や保育士試験に必要な知識でもあります。暗記に陥りがちな受験勉強も、大学で学ぶ一環として取り組むと、別の意義が見えるはずです。

《メッセージ》

本学で「博物館教育論」等の科目を担当させていただいている新井です。
ネット利用の通信教育の新しいあり方を追究しているところです。本学の魅力は、「無理なく」「いつでも、どこでも、誰でも」「ほんとうの教育」を追究できるところにあります。
本学で自分の生涯学習としての学びをさらに深めたいと願う方々と、いっしょに大学教育をつくっていけたらと思っています。

文庫で読める教育の名著Ⅰ
開講期:春
テキスト
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

「自分の知見を広げたい」、あるいは「腰を据えて何かに取り組んでみたい」という動機で本学での学びを選んだ方は多いでしょう。しかし、専門用語が飛び交う学術書や、現在は使われない言葉が羅列されている古典をいきなり読んでいくのには二の足を踏んでしまうのも現実です。
本科目は、そんな方々に向けた気軽な学習機会として設定されています。具体的には、入手しやすい岩波文庫のデューイ著『学校と社会』(宮原誠一訳)やルソー著『エミール』(今野一雄訳)等、教育の古典的名著を順次取り上げて読んでいこうという内容です。全体を読み切るのが大切なのはもちろんですが、それと同じくらい、マイペースの学習は重要です。無理して駆け抜けるより、自分の興味あるテーマを深めることにも意義があります。本科目での学習を入口として、古典や名著への「こんな触れ方もあるのか」という体験をしていただけることを願っています。

《メッセージ》

本学で「博物館教育論」等の科目を担当させていただいている新井です。
ネット利用の通信教育の新しいあり方を追究しているところです。本学の魅力は、「無理なく」「いつでも、どこでも、誰でも」「ほんとうの学び」を追究できるところにあります。
本学で自分の生涯学習としての学びをさらに深めたいと願う方々と、いっしょに大学教育をつくっていけたらと思っています。

ネットショップリテラシー
開講期:春
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

みなさんはネットショップで買い物をしたことはありますよね。ネットショップを介しての商取引は年々増加しています。日頃利用しているネットショップについて、利用者という立場のほか、運営者という立場での講義が中心になります。単に商品を陳列したページを作れば売れるというものではありません。様々な工夫をこらして日々ネットショップを成長させていく必要があります。
本講義は、それらの理解を深めることにあります。

《メッセージ》

日頃利用しているネットショップを反対側から見てみませんか?ネットショップのオーナー(店長)の気分で、基本知識、出店方法、サイト制作、ショップ運営、そして集客〜購買へ導くプロモーションまで、一緒に学んでいきましょう。どうぞご参加ください。

心理カウンセラーの実務Ⅰ
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

カウンセリングとは何なのか。心理カウンセラーになるための最低条件と押さえておくべき基本的知識を学びます。心理カウンセラーの技術や知識は、日々の日常生活にも大いに役立ちます。
この科目では、心理カウンセラーに関すること以外にも、日々の生活において周囲の人の行動を基にした「人の心が読みとれる」心理学の知識についても学んでいきます。したがって、本科目で学んだことは、職場や学校、または家族の中において、その人間関係を円滑に保つための大きなヒントになります。

《メッセージ》

この講義では、心理学の入門的な知識を学びながら「心理カウンセラーとして活躍するための基礎知識の習得」を目標とします。
・カウンセリングとはいったい何か。
・今なぜ心理カウンセラーが必要なのか。
・カウンセラーが扱う心の症状
・主な心理療法

心理カウンセラーの実務Ⅱ
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

心理カウンセラーⅠで学んだことを基礎に、カウンセリングの進め方や関連知識についてより深く学習していきます。心理カウンセラーの技術や知識は、日々の日常生活にも大いに役立ちます。
この科目では、心理カウンセラーに関すること以外にも、できる限り毎時間、「人の心が読みとれる」心理学の知識についても学んでいきます。また、所々で心理テストも用いて、自己分析を行う機会を設けたいと思います。本科目で学んだことは、職場や学校、或いは家族の中において、その人間関係を円滑に保つための大きなヒントになります。

《メッセージ》

この講義では、「心理カウンセラーⅠ」で学んだ知識と合わせ、より具体的なカウンセリングの進め方を学ぶと共に、各種精神障害に関する知識を習得することを目標とします。
・カウンセリングに入るにあたり、クライエントに関する情報をどのように収集・分析し、これに対しどのように評価していくのか。
・精神障害にはどのようなものがあり、どのような技法・療法が用いられるのか。

初年次セミナー[第1学期]
開講期:春
スクーリング
基礎
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

本科目は、八回の授業で構成され、1単位が授与されます。授業では、自分の生きる足場をかためられるよう、次のテーマを順次、展開して行きます。
生きること、学ぶこと、遊ぶこと、努力すること、友人をもつこと、働くこと、大人であること、自己との対話。これらのテーマに合わせ、本学の学習システムをつかって、遠隔地にいながらにして他の人たちと一緒にひとつの教室で学べることのよさを体験していただけるよう、チャットで自己紹介をしたり、ディスカッション機能で自分の意見が人に生かされていくことを体験したりするなど、いろいろな学習機能を体験できるようにしています。また、毎時間、小レポート(感想)を続けることで、書くことの楽しさを実感できるようになります。
高等学校までの教科書は、読みやすいように、学びやすいようにと、いろいろな工夫がされていました。ところが、大学で学ぶ教科書にはそのような工夫はなく、自分から学びに行くことが求められています。自分から関心を持たないと、おもしろさがつかめません。
そこで、本科目では、学ぶ関心が起きるように、自分が何を求めているのかを探り当て、本学でそれを追求するにはどうすればよいかを、実際に、パソコン機器をつかったり、レポートを書いたりして、試しながら、身につけていきます。

《メッセージ》

学ぶことは、楽しいことです。そうでなくてはなりません。
しかし、勉強はつらいことでもあります。それは、今までにない自分をつくり出そうとするから。だから、抵抗があるのは当たり前です。ところが、そのつらいところを乗り越えると、楽しくなるのです。
学ぶ対象に向けて心を向けることで、わからなかったことがわかる、もやもやしていたことがすっきりと整理できる。ここに、学ぶ喜びを味わうことができます。心を通わせられる友達もできます。
本学で学ぶことの価値を、改めて見出してみませんか。お待ちしています。

初年次セミナー[第2学期]
開講期:春
スクーリング
基礎
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

本科目は、八回の授業で構成され、1単位が授与されます。授業では、自分の生きる足場をかためられるよう、次のテーマを順次、展開して行きます。
生きること、学ぶこと、遊ぶこと、努力すること、友人をもつこと、働くこと、大人であること、自己との対話。これらのテーマに合わせ、本学の学習システムをつかって、遠隔地にいながらにして他の人たちと一緒にひとつの教室で学べることのよさを体験していただけるよう、チャットで自己紹介をしたり、ディスカッション機能で自分の意見が人に生かされていくことを体験したりするなど、いろいろな学習機能を体験できるようにしています。また、毎時間、小レポート(感想)を続けることで、書くことの楽しさを実感できるようになります。
高等学校までの教科書は、読みやすいように、学びやすいようにと、いろいろな工夫がされていました。ところが、大学で学ぶ教科書にはそのような工夫はなく、自分から学びに行くことが求められています。自分から関心を持たないと、おもしろさがつかめません。
そこで、本科目では、学ぶ関心が起きるように、自分が何を求めているのかを探り当て、本学でそれを追求するにはどうすればよいかを、実際に、パソコン機器をつかったり、レポートを書いたりして、試しながら、身につけていきます。

《メッセージ》

学ぶことは、楽しいことです。そうでなくてはなりません。
しかし、勉強はつらいことでもあります。それは、今までにない自分をつくり出そうとするから。だから、抵抗があるのは当たり前です。ところが、そのつらいところを乗り越えると、楽しくなるのです。
学ぶ対象に向けて心を向けることで、わからなかったことがわかる、もやもやしていたことがすっきりと整理できる。ここに、学ぶ喜びを味わうことができます。心を通わせられる友達もできます。
本学で学ぶことの価値を、改めて見出してみませんか。お待ちしています。

初年次セミナー[第3学期]
開講期:秋
スクーリング
基礎
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

本科目は、八回の授業で構成され、1単位が授与されます。授業では、自分の生きる足場をかためられるよう、次のテーマを順次、展開して行きます。
生きること、学ぶこと、遊ぶこと、努力すること、友人をもつこと、働くこと、大人であること、自己との対話。これらのテーマに合わせ、本学の学習システムをつかって、遠隔地にいながらにして他の人たちと一緒にひとつの教室で学べることのよさを体験していただけるよう、チャットで自己紹介をしたり、ディスカッション機能で自分の意見が人に生かされていくことを体験したりするなど、いろいろな学習機能を体験できるようにしています。また、毎時間、小レポート(感想)を続けることで、書くことの楽しさを実感できるようになります。
高等学校までの教科書は、読みやすいように、学びやすいようにと、いろいろな工夫がされていました。ところが、大学で学ぶ教科書にはそのような工夫はなく、自分から学びに行くことが求められています。自分から関心を持たないと、おもしろさがつかめません。
そこで、本科目では、学ぶ関心が起きるように、自分が何を求めているのかを探り当て、本学でそれを追求するにはどうすればよいかを、実際に、パソコン機器をつかったり、レポートを書いたりして、試しながら、身につけていきます。

《メッセージ》

学ぶことは、楽しいことです。そうでなくてはなりません。
しかし、勉強はつらいことでもあります。それは、今までにない自分をつくり出そうとするから。だから、抵抗があるのは当たり前です。ところが、そのつらいところを乗り越えると、楽しくなるのです。
学ぶ対象に向けて心を向けることで、わからなかったことがわかる、もやもやしていたことがすっきりと整理できる。ここに、学ぶ喜びを味わうことができます。心を通わせられる友達もできます。
本学で学ぶことの価値を、改めて見出してみませんか。お待ちしています。

初年次セミナー[第4学期]
開講期:秋
スクーリング
基礎
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

本科目は、八回の授業で構成され、1単位が授与されます。授業では、自分の生きる足場をかためられるよう、次のテーマを順次、展開して行きます。
生きること、学ぶこと、遊ぶこと、努力すること、友人をもつこと、働くこと、大人であること、自己との対話。これらのテーマに合わせ、本学の学習システムをつかって、遠隔地にいながらにして他の人たちと一緒にひとつの教室で学べることのよさを体験していただけるよう、チャットで自己紹介をしたり、ディスカッション機能で自分の意見が人に生かされていくことを体験したりするなど、いろいろな学習機能を体験できるようにしています。また、毎時間、小レポート(感想)を続けることで、書くことの楽しさを実感できるようになります。
高等学校までの教科書は、読みやすいように、学びやすいようにと、いろいろな工夫がされていました。ところが、大学で学ぶ教科書にはそのような工夫はなく、自分から学びに行くことが求められています。自分から関心を持たないと、おもしろさがつかめません。
そこで、本科目では、学ぶ関心が起きるように、自分が何を求めているのかを探り当て、本学でそれを追求するにはどうすればよいかを、実際に、パソコン機器をつかったり、レポートを書いたりして、試しながら、身につけていきます。

《メッセージ》

学ぶことは、楽しいことです。そうでなくてはなりません。
しかし、勉強はつらいことでもあります。それは、今までにない自分をつくり出そうとするから。だから、抵抗があるのは当たり前です。ところが、そのつらいところを乗り越えると、楽しくなるのです。
学ぶ対象に向けて心を向けることで、わからなかったことがわかる、もやもやしていたことがすっきりと整理できる。ここに、学ぶ喜びを味わうことができます。心を通わせられる友達もできます。
本学で学ぶことの価値を、改めて見出してみませんか。お待ちしています。

3年次セミナー
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編 《学べる内容》

本科目は今後「社会に出て働くこと」に対して「自分はどうのように考えるか」を問う授業です。各授業は、「働く目的」「働き方」「人間関係」「自分について」「未来の自分像」などのテーマに分解して進めて行きます。働くことに対する意識は、実際に働きながら社会と関わっていくなかで変化して行きますが、その基礎づくりを目的とします。働くこと以外の人生の目的にも目を向け、人生における、また各ライフステージにおける「働くこと」の位置付け、意味をそこから考察します。
この科目のもう一つの目的は「自ら主体的に考え判断し、行動できる力」を養うことです。就職は人生において大きなイベントですが、それは始まりでしかありません。経済環境は常に変化しています。その後に起こるであろういくつもの変化に対応できる自律した個人になることをこの授業を通じて目指します。

《メッセージ》

毎回授業のテーマに沿った資料を基にしてディスカッションをします。それを通じて「働くこと」についての考えを各個人で深めます。また他の受講生とのやり取りを通して「相手の意見を尊重する」「自分の意見を述べる」「主体的に考える」「視野を広げる」ことを養成します。毎回授業後には感想を提出してもらい、他の受講生も見られるようにします。
本科目はこれから社会に出る人から20代の社会人を主な対象としていますが、それ以外でも「働くこと」をもう一度考えてみたい人であれば履修できます。

テーマ別
  • 哲学や思想を学びたい
  • 社会や文化とのつながりを考えたい
  • 現代社会について考えたい
  • 文学や古典を学びたい
  • 環境について考えたい
  • 子育てや教育を考えたい
  • 文章力や思考力を鍛えたい
  • 情報技術について学びたい
  • 身近な法律を学びたい
  • 仕事に役立つ法律を学びたい
  • 仕事力を上げたい1
  • 仕事力を上げたい2
ライフスタイル別
  • 「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編
  • 「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編
  • 「子どもと家庭のためになる」主婦サポート編
  • 「興味・関心を広げたい」アクティブシニア編
ページトップへ

このページの先頭へ