八洲学園大学トップ > 科目シリーズ > 「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編
八洲学園大学の科目シリーズ〜「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編〜
八洲学園大学の科目シリーズ 〜「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編〜
生産管理 / 財政学入門 / 経済学入門 / 地方財政入門 / 法人税法入門 / 所得税法入門 / 簿記と経営 / 相続税法 / 消費税法 / 原価計算入門 / 経理実務入門 / 金融・投資・資産運用 / 社会保険労務(入門) / 社会保険労務(実務) / NPO法人の基礎 / アイディアと創造 / はじめての韓国語1 / はじめての韓国語2 / 世界に通じる日本語コミュニケーション / 民法1(総則・物権) / 民法2(債権法) / 労働法 / 法社会学 / 福祉と法 / 情報と法 / 犯罪と法 / 犯罪と心理 / 刑事政策 / 商法 / 著作権法 / ケーススタディ著作権法 / 行政法 / ビジネス文書作成・読解 / 知的資産マネジメント / CSRと経営戦略 / 企業倫理 / ビジネス・リーダーシップ論 / 起業家と会社人間 / モノづくりと問題解決 / 顧客サービス・マネジメント / 顧客ロイヤルティ・マネジメント / 組織行動論 / 社長に学ぶ組織論 / ビジネス・コミュニケーションスキル / ビジネス・スキル「状況判断と決定力」 / ビジネス・スキル「折れない心とポジティブ・シンキング」 / ビジネス・スキル「聴く力で人間関係を改善する」 / ビジネス・スキル「コンフリクト・マネジメント 対立を超えて」 / ビジネス・スキル「目標設定と継続力」 / ビジネス・スキル「自分を受け入れる力」 / 省エネルギー概論 / テクノロジーの発達とヒューマニティ / 明日の一歩・松下幸之助に学ぶ人生哲学
※科目により、開講時期は異なります。
生産管理
開講期:秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

生産は、原料や部品などの素材の価値を高めて製品に変換する行為です。生産に用いられる資源としては、生産の対象物である素材のほかに、作業者や機械設備に代表される手段の資源があります。これらの資源を無駄なく有効に活用し、顧客が満足する品質と納期により、出来る限り安く供給することが生産管理の中心的な課題となります。本科目では以下の力を身につけることを目標とします。
・生産管理にかかわる知識を身につける
ものづくりの現場に行くとさまざまな言葉や考え方が行われています。この科目では、生産にかかわる言葉や概念を、JISを基本として定義された言葉を用いたテキストにより学ぶことができます。
・生産システムの設計や改善する力を身につける
ここで得た知識を用いて現場の改善やよりよいシステムを設計することで知識が身についたことになります。身の回りにある作業の改善や設計を課題により体験して身についた知識にすることをねらいとしています。

  • 担当教員:渡邉一衛
《メッセージ》

本科目は、生産に直接携わったことがない方でも、またサービスづくりをしている方でも学ぶことができます。主婦の方でパートの仕事をやっている方が受講されたこともありました。普段見過ごしているさまざまな問題に気づくことが大切です。「気づき」を増やしたい方はぜひ受講して下さい。本科目で用いているテキストは今年度に創設されたビジネスキャリア検定試験の「生産管理BASIC級」のテキストです。この科目を受講して資格試験を受けてください。

財政学入門
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

諸君は、現在、働きながら、税を納めている納税者であるとします。
諸君は、車道を 「無料」で、とわざわざ言われるのに違和感を覚えるぐらい、「無料」で走り、又、歩道を「無料」で、とわざわざ言われるのに違和感を覚えるぐらい、「無料」 で歩いています。この道路の建設費は、諸君の納める税金で、賄っています。結局、諸君は、自分のお金で、道路を建設し、道路を利用しているのです。
諸君は、かつて小中学生の時、義務教育を無償で受けてきました。それが可能だったのは、その時の現役就業者が、税を納めてきたからです。現在、諸君は、現役就業者として、税を納め、現在の義務教育費を支えています。結局、過去の 「無償」 の分を、現在、負担していることになります。自分の義務教育を、自分で支えたことになります。
このような税の使い道に関する知識を身につけることを目標にします。

《メッセージ》

この講義では、道路はどうして税で建設されるのか、義務教育はどうして税で行われるのか、介護や高齢者医療はどうして税で補助されるのか、災害救助はどうして税で行われるのか、原子力発電所が存在する地域にはどうして税で補助が行われるのか、防衛や警察はどうして税で行われるのか、等々について述べる。日本では、道路・義務教育・介護・高齢者医療・災害救助等々が、どうして全国同一なのか、についても述べる。

経済学入門
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

経済とは、資源を効率的に配分し、所得を公平に分配し、ある水準での効率と公平を実現し、安定と成長を図る、というものである。つまり、経済学とは、資源配分・所得分配・経済安定・経済成長を、効率と公平を考慮し、明らかにするものである。資源配分・所得分配が理解された後に、経済安定・経済成長が分かる、という関係にある。
現在の日本経済において、最大の経済問題は、高齢化対策である。本講義では、これを資源配分と所得分配の観点から、明らかにする。現実の経済において、資源配分と所得分配を明らかにし、結果的に、資源配分と所得分配を明らかにする。

《メッセージ》

現実の経済問題に関心を持っていただきたいです。経済学も、経済学自身の完結性のために存在するのではなく、現実の経済問題を解明し、解決するために、存在する、と考えています。

地方財政入門
開講期:春・秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

日本では、経済力の低い地域でも、経済力の高い地域と同じ負担で、高い地域と同じ水準の高齢者医療を受けられる。同じ水準の介護サービスを受けられる。同じ水準の保育所サービスを受けられる。義務教育は無料だが、経済力の低い地域でも、高い地域と同じ水準の義務教育を受けられる。このように全国同一水準の公共サービスを実現しようとするのが、日本の最大の特徴である。それを具体化しているのが、国の地方への補助金つまり地方交付税である。
 上で触れた、全国同一水準の公共サービスを実現しようとする、と言うのは、地域間公平を重視し実現しようとすることなのである。地域間公平を実現しているのは、国の地方公共団体に対する補助金である。この補助金が、地方交付税と言われているのである。
地方交付税は、税のように見えるが、税ではなく、補助金である。講義ではこの補助金である地方交付税について学習する。
実は、補助金には、この地方交付税の他に、国庫支出金というものもある。講義では、国庫支出金にも触れつつ、主として地方交付税について学習する。

《メッセージ》

全国どこでも同じ水準の高齢者医療サービスや介護サービスが受けられるのは、地域間公平が図られているからである。現役就業世代の負担によって、現役引退者が、高齢者医療サービスや介護サービスが受けられるのは、世代間公平が図られているからである。現役就業者のうち、経済力の低い人が、高い人と同じ水準の医療サービスを受けられるのは、高い人が低い人の負担の一部を肩代わりしている、つまり世代「内」負担が図られているからである。
ここでは、最初の地域間公平について学習することになる。

法人税法入門
開講期:春・秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

法人税法という法律について述べますが、法学的観点からではなく、あくまで経済的観点から、述べます。法人税額は、利益金にではなく、所得金額に税率を乗じて算出しますが、この所得金額については、一般には誤解しかないことを明確にし、正しい見解を述べます。また、税引き後の利益金である利益積立金額についても、一般に誤解しかないことを明確にし、正しい見解を示します。

《メッセージ》

自分のアタマで考える姿勢を身に付けられるよう、期待いたします。

所得税法入門
開講期:春・秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

本科目では、所得税法について述べるが、それは、法学的観点からではなく、あくまで、経済的観点から、述べます。個人の所得に大小の格差があるとき、税負担の格差はどのようになっているか、ということについて述べます。また、税法が改定された時、高所得者、中所得者、低所得者で、それぞれ、税負担がどのように変化するか、ということについて述べます。これらについては、一般に誤解しか存在しないことを述べ、正しい理解を示します。

《メッセージ》

一般の考えに流されず、自分のアタマで考えられるよう、期待いたします。

簿記と経営
開講期:春・秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

本科目では、「簿記(入門)」(日商簿記3級程度)の知識を前提として、企業で行われる様々な活動が、会計上どのように処理され、どのように財務諸表へ集約されていくのかを学習することによって、日商簿記2級(商業簿記)レベルの知識を習得することを目標とする。

《メッセージ》

仕訳をできるようにし、集計能力を高められるよう、がんばっていただきたい。

相続税法
開講期:秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

本科目では、わが国の相続税法について考える。
人は誰しもいずれ亡くなる。亡くなると、その方の権利義務を承継する「相続」が発生する。その権利義務を「相続」するときにかかってくるのが、「相続税」である。
具体的には、だれが相続人となるのか(相続人の確定)という論点と、実際に相続税はいくらかかるのか(相続税の計算)といった論点を中心に学習する。

《メッセージ》

テキストを中心に学習を進めてください。普段より、だれが相続人となるか、法定相続分はどうなるか、などの関心をもってください。

消費税法
開講期:春
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

本科目では、わが国の消費税法について考える。
わが国の消費税は、平成元年より導入されている。この消費税は、皆様の私生活において、深い関わりがある税であり、また、今日の日本の税収に占める割合からしても、非常に重要な税となっている。
その消費税のなかでも、最も重要な、「課税の対象」を中心に学習する。どういったものに消費税がかかるのか、どういったものにはかからないのか、を判断できるようにす る。

《メッセージ》

消費税の増税が決まり、国民の関心は、ますます高まっている。初心者でも十分理解できるよう配慮するので、安心してついてきていただきたい。

原価計算入門
開講期:春・秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

本科目では、「簿記(入門)」(日商簿記3級程度)の知識を前提として、企業で行われる様々な活動のうち、製造業における原価計算についての基本知識を学ぶ。
日商簿記2級(工業簿記)レベルの知識を習得することを目標とする。
・原価を集計するにあたり、基本的な考え方を身につける。
・製造間接費の配賦をマスターする。

《メッセージ》

カレーライスは、一皿いくらで作ることができるのか?
これがわからなければ、いくらで販売していいか分かりません。
このような、実務でも重要な「原価計算」を学んでいきましょう!

経理実務入門
開講期:秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

本科目では、「簿記(入門)」(日商簿記3級程度)、「消費税法」の知識を前提として、実際に、企業の経理担当者の行っている職務(経理実務)について、学ぶ。
・簿記の知識は、経理の仕事現場ではどのように生かされているか、を確認する。
・消費税の知識は、経理の仕事現場ではどのように生かされているか、を確認する。

《メッセージ》

簿記や消費税を学んだ人にとって、それが、経理実務の現場ではどのように処理されているか、気になるところです。
そこで、学んだ知識を再整理し、実際の会計処理について、学んでいきましょう!

金融・投資・資産運用
開講期:春・秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

「一流の投資家たちは、なぜ長期的・継続的に投資で成功しているのだろうか?」
「どうすれば、一般の投資家もその成功のエッセンスを取り入れ、一流の投資家になれるのだろうか?」
貯蓄から投資の流れの中で、日本の株式市場は2015年に日経平均株価が一時、2万円を回復するなど活況を呈しています。ただ、過去を振り返ると1989年の年末に過去最高値をつけた後、平成バブル崩壊による失われた20~25年と言われた長期の下降トレンドの中、個人投資家の9割が利益を出せなかったと言われます。こうしたことを背景に、短期的・一時的ではなく、長期的・継続的に投資の成功・成果につなげるための方法を知りたいという個人投資家のニーズが高まっている現状を鑑み、本科目では一流の投資家と言われる金融プロフェッショナルのファンドマネージャー、ディーラー、個人投資家などの投資の成功のエッセンスを学習し、習得することを第一目標とします。

《メッセージ》

本科目は、どなたでも気軽に受講することができます。特にお金、投資、資産運用について興味があり、投資のプロの知識・実践力をわかりやすく学びたいという方にお勧めの科目です。
ご存じのように投資のノウハウを学ぶ講座はたくさんあります。その中で優良とそうでないものを分けるもの。それは実践経験によるノウハウとそれを体系づけしたコンテンツを提供できるかどうかだと考えます。ぜひ一度、受講してみてください。

社会保険労務(入門)
開講期:秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

本科目では、ビジネスの現場で誰しも関わる労務管理について取り上げます。
働く上で、いつ、どのくらい働き、どのように休憩や休日を取るのかという、労働時間管理は必ず発生します。
・働く上での基礎力を身につける
法律に基づく労働時間に関する基本的な事項を学ぶとともに、その具体的な運用や実務的な留意点を中心に学習を進めます。
・働く上での今日的課題発見力、解決力を身につける
近年、年齢や性別、国籍等の理由から一般の労働者とは異なる扱いが求められる特定労働者の労務管理に関する基本的知識の習得へも注目が集まっています。ここでは高齢者、女性、派遣労働者、障害者、外国人を特定労働者の範囲として取り上げ、関係法令とその具体的な運用や実務的な留意点を中心に学習を進めます。

  • 担当教員:永田幸江
《メッセージ》

本講義は、どなたでも気軽に受講することができます。労務管理は、人事・労務に携わる人や、部下を持ち、マネジメントする立場になった人ばかりでなく、社会に出て働く全ての人に知っていてほしい知識が詰まった分野です。初心者でも自己の職場の事例をイメージすることで身近に感じられるはずです。皆さんの受講をお待ちしております。

社会保険労務(実務)
開講期:春
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

本科目では、ビジネスの現場で誰しも関わる労務管理について取り上げます。社会保険労務(入門)で学んだ労働時間管理をベースに、個別的労使関係と集団的労使関係に関する基本的な事項及び福利厚生について学びます。
・実践力を養う
近年増加している労使紛争ついては、紛争処理システムの種類と特徴を整理しながら学び、実際の実務の場面において解決の道筋を描ける実践力を養います。
・設計、評価方法の基礎を身につける
福利厚生の果たす役割と機能について基本的な事柄を学習した上で、とりわけ法定外福利厚生の種類やそれぞれのメリットデメリットを整理し、新たに制度を導入する際、あるいは改定する際に、設計及び評価できる基礎力を養います。

《メッセージ》

本講義は、どなたでも気軽に受講することができます。社会保険労務(入門)を未履修でも、学習可能です。労務管理は、人事・労務に携わる人や、部下を持ち、マネジメントする立場になった人ばかりでなく、社会に出て働く全ての人に知っていてほしい知識が詰まった分野です。初心者でも自己の職場の事例をイメージすることで身近に感じられるはずです。皆さんの受講をお待ちしております。

NPO法人の基礎
開講期:秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

準備中

  • 担当教員:岸本幸子
《メッセージ》

準備中

アイディアと創造
開講期:春
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

日本が先進国に成るにつれて、いろいろの場面でアイディアや創造の必要性が要求されています。でも、「急に言われてもそう簡単には思いつきません」とほとんどの人は感じているでしょう。この状況を突破するために、本講義では3つの場面でアイディアや創造の生み方を考えてみます。
① 趣味としてのアイディア発想法:エジソンはアイディアを生むのが趣味でした
② 個人で行う創作法:小説家、画家、作曲家などはどのように創作するのでしょうか
③ 会社で要求される新規事業創造業務:仕事で成果を出す人の考え方と行動とは?

《メッセージ》

知識を得ようとしている学生諸君にも、また現在業務についている仕事人にも、すべての人にアイディア、創造、構想を追求すべき機会が訪れます。例えば、就職活動や業務のプレゼンに於いてでも、他人との差別化のためアイディアや創造を感じさせる発言を入れれば、周りの印象は違ってきます。
アイディアや創造は物事の「考え方の癖」を修得すれば、次から次と湧いてきます。この考え方の癖を本講義で知ることです。アイディアや創造に興味のある人は積極的に受講してください。
*再配信受講も可能です。講義感想から相互に意見交換しましょう。

はじめての韓国語1
開講期:春
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

当科目では、初めて韓国語を学ぶ学習者を対象とし、韓国語の文字であるハングルの読み方、書き方を学習する。また、発音、文法、会話などの練習を通して、基礎的な韓国語の能力を身につけてもらうための科目である。
この科目を受講する上では、まず、隣国である韓国の言語を理解したいという動機を持つことが出発点である。韓国語は日本語と非常に類似しており、語順や助詞の使い方、漢字を母体にする語彙の発音などにおいて多くの類似点を持つ。しかし、母音の数が日本語より多いことや、子音で終わる音節構造を持っていることなど、相違点もある。この科目では類似点を活用しつつ、相違点においても注意を向け、しっかり韓国語の基礎を身につけてもらうことを目標とする。受講者には、そうしたことを意識しながら、授業に参加してもらいたい。

《メッセージ》

この科目の目標は、韓国語の基礎的な能力を身につけることであります。半期15回のスクーリングで、韓国語独自の文字であるハングルの読み方・書き方から発音、文法などを学習して頂きます。毎回の学習内容をよく復習して頂き、「話す」、「聞く」、「読む」、「書く」の4技能をバランスよく身につけていただきたいと思います。

はじめての韓国語2
開講期:秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

当科目では、「はじめての韓国語1」を受講した、または、それに相当するレベルの言語能力を持っている学習者を対象とし、韓国語の発音、文法、会話などの練習を通して、基礎的な韓国語の能力を身につけてもらうための科目である。
この科目を受講する上では、まず、隣国である韓国の言語を理解したいという動機を持つことが出発点である。韓国語は日本語と非常に類似しており、語順や助詞の使い方、漢字を母体にする語彙の発音などにおいて多くの類似点を持つ。しかし、母音の数が日本語より多いことや、子音で終わる音節構造を持っていることなど、相違点もある。この科目では類似点を活用しつつ、相違点においても注意を向け、しっかり韓国語の基礎を身につけてもらうことを目標とする。受講者には、そうしたことを意識しながら、授業に参加してもらいたい。

《メッセージ》

この科目の目標は、「はじめての韓国語1」に続き、韓国語の基礎的な能力を身につけることであります。受講者には、半期15回のスクーリングを通して、「話す」、「聞く」、「読む」、「書く」の4技能をバランスよく身につけていただきたいと思います。

世界に通じる日本語コミュニケーション
開講期:秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

外国人と円滑にコミュニケーションをとるにはどうしたらいいでしょうか。英語の問題は別として、外国人が日本人や日本文化の中で理解しにくい要因を知ることにより、コミュニケーションがとりやすくなることもあります。
本科目では20年以上外国人に日本語を教え、40か国以上の外国人と接し、米国に2年間、また最近英国に2年間住み帰国したばかりの講師が、外国人の目を通した日本人や日本文化の特徴を、日本語という言語を切り口として探って行きます。外国人が日本人・文化のどこに難しさを覚え、また反対に魅力を感じているのか。日本人自身、気が付いていないことの多い日本語、日本人、日本文化の特質、魅力を一緒に考えます。また、乱れた日本語とは何かを考え、美しい日本語の代表である敬語を基礎から学び、正しい日本語を身に付けます。

《メッセージ》

本科目はどなたでも受講できます。再配信授業の対象科目ですので、当日受講できない方はレポート提出により対応できます。
講師からの一方的な講義だけでなく、途中飽きることのないよう、クイズやディスカッションなどを多く盛り込んだ参加型授業で、途中脱線などしながら、楽しく受講できるよう工夫していますので、皆さんの受講をお待ちしております。

民法1(総則・物権)
開講期:春
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

仕事と暮らしの中で基本となる法律の一つ『民法』を解説していきます。民法を学ぶことにより、様々な場面での視点が広がりを持たせてくれます。「未成年者が親に内緒で勝手に買い物してきたら?」「マンションを購入したけど、だまされた!!」「もう、お金を返さなくてもいいの?」といった場面を学ぶことになります。実務的な視点と理論双方からアプローチした講義を行い法の見方、考え方を習得していきます。『司書など公務員採用試験』や「行政書士」など資格試験を考えている方は必聴です。
【基本となる法律の考え方を身につけます】
様々なケースを法律の基本である「民法」の視点から学び、知識だけではなく、法律の考え方を身につけていきます。
【課題解決力を身につけます】
様々なケースを用いて法律の考え方に加えて、課題解決力を身につけていきます。

《メッセージ》

本講義は、「司書」などの公務員採用試験を受験する方はもちろん、どなたでも受講可能です。基本となる民法を学ぶことは、卒業後の人生の様々なシーンにおいて役に立つものとなるはずです。実際に迫力のあるやりとりを体感するため教室で受講していただくことも大歓迎です。民法2と合わせて受講することをお勧めします。民法の全体像を学習することができます。

民法2(債権法)
開講期:秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

「交通事故にあった!!」「お金を返してくれないのだけど・・・・」「大家さんに文句言いたい!!」こんな場面を扱うのが、民法Ⅱの世界です。民法を学ぶことにより、様々な場面での視点が広がりを持たせてくれます。本講義では、民法の中でも契約に関するルール、交通事故などにかかわる不法行為を範囲とする「債権」を扱います。書式などを用いた実務的な視点と理論双方からアプローチした講義を行い法の見方、考え方を習得していきます。『司書など公務員採用試験』や「行政書士」など資格試験を考えている方は必聴です。
【基本となる法律の考え方を身につけます】
様々なケースを法律の基本である「民法」の視点から学び、知識だけではなく、法律の考え方を身につけていきます。
【課題解決力を身につけます】
様々なケースを用いて法律の考え方に加えて、課題解決力を身につけていきます。

《メッセージ》

本講義は、「司書」などの公務員採用試験を受験する方はもちろん、どなたでも受講可能です。基本となる民法を学ぶことは、卒業後の人生の様々なシーンにおいて役に立つものとなるはずです。実際に迫力のあるやりとりを体感するため教室で受講していただくことも大歓迎です。民法1と合わせて受講することをお勧めします。民法の全体像を学習することができます。

労働法
開講期:秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

「働く」というライフステージで起きる問題に対し、法律はどのように対処しているのか?を学びます。非正規雇用、過労死、うつ病、ハラスメント、高齢者雇用などの日本が抱える労働問題について、法律はどう対処していき、みなさんがどう解決していくか?を考えていきます。
「法律」を通じて、社会の中で働きながら生きるとは何か?を見出し、リスクマネジメントを身に付けることを目標とします。
【課題解決能力を身に付ける】
・働くという場面での諸問題を知り、どのように解決していくか?を法律を通じて学び、課題解決能力を身に付けていきます。
【リスクマネジメント能力】
・労働法分野を学び、働くという場面でのリスクマネジメント能力を身に付けていきます。

《メッセージ》

法律は、みなさんの社会の中での役割を教えてくれます。労働法では、「働く」という場面で、いかなる問題があり、それに対してどのように対処していくか?が描かれています。この法律が描くストーリーを、皆さん自身の生き方に反映させてください。社会人が知っておくべき必須の法律を学び、みなさんの味方(見方)を増やしてください。
また、研究室ブログや Facebook ページ、公開講座でも学習のヒントを発信していきます。合わせて活用していき、基本から実務までをしっかりと学べる工夫をしていきます。

法社会学
開講期:春
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

法社会学は、物事を解決するにあたって法的な視点からの解決ではなく、社会学的視点からの解決及び、物事を捉える際にも法的な側面のみならず、社会からのアプローチを求めています。固有のルールを個別具体的に状況の展開の中で戦略的にどのように組み立てていくかである。
本講義では、前半は法の考え方(法社会学・法哲学)、後半は司法制度・市民の司法参加(刑事手続)を中心に学んでいきます。
毎時間、ディスカッションの時間を設けます。受講生同士で議論をすることで思考力・発想力が向上を目的としています。

《メッセージ》

①法と社会へのアプローチの方法を考える
②法概念を考える
③市民参加制度を理解する
④刑罰と社会秩序の関係を学ぶ
⑤法的思考力と考察力を向上する
⑥法的問題発見力と解決力向上する

福祉と法
開講期:春
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

司法は、法律によって白黒はっきり決着をつける規範的解決を主たる役割としているのに対して、福祉は、個別化された社会問題の解決・緩和をめざし、実情に即した調整機能としての実体的解決を主としています。前者は父性的な切断機能、後者は母性的な受容機能と解されています。
本講義では、「少年非行と家庭裁判所」「犯罪・非行への取り組み」「犯罪被害者等への支援」について司法的側面と福祉的側面よりそれぞれの問題をどのように未来へ繋げていくかを考えていきます。また様々な社会問題を「次のステップへ繋げる」「次の世代へのバトンタッチ」として繋げる生涯マネージメント、支援力、法的及び福祉的思考力や発想力を身に着けることが出来ます。

《メッセージ》

本講義は、どなたでも気軽に受講することが出来ます。テキスト履修科目として開講をします。指定教科書は3部11章で構成されていますので、1週間に1章ずつ学び第一課題、第二課題を期日までに提出してください。もし一回で合格する自信がなければ早めに提出していただけましたら、出来るだけ早く添削し返却して再提出の時間も設けます。皆様の受講をお待ちしております。

情報と法
開講期:春
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

【インターネットにあふれている情報とどう向き合うか?】
みなさんが情報を入手する手段として「インターネット」が普及しています。このインターネット上の情報にかかわる法律を学びます。憲法の視点、刑事法(少年法)の視点、知的財産法、電子商取引法の視点から学びます。
そのほか、情報公開法、個人情報保護法など情報法分野についても触れていきます。
【サイバーローの世界から学ぶこと】
本講義では、インターネットという世界を法律という視点から検討し、法律の基本的考え方を学ぶことができます。情報を収集する、情報を発信する、情報を管理する…情報とインターネットにかかわるルールを学び、情報にかかわるリスクマネジメントにつなげていきます。
【課題解決力を身につけます】
様々なケースを用いて法律の考え方に加えて、課題解決力を身につけていきます。

《メッセージ》

・インターネットをめぐる問題は様々なものがあります。有害情報と青少年保護、表現の自由とサイバーポルノ、名誉棄損の問題など…様々な情報を扱うからこそ、まずは広く情報にかかわる法律の考え方を学ぶことが重要です。
・情報をめぐる法律の条文を覚える必要はありません。 「なぜこのルールがあるのか?」
そして多角的に検討するということを中心に講義を展開していきます。
・実際に迫力のあるやりとりを体感するため教室で受講していただくことも大歓迎です。

犯罪と法
開講期:春
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

我が国において日々犯罪が発生しています。犯罪は、法律に反する行為でありますが具体的にどのような行為が犯罪であって、そうではないのだろうか。犯罪の成立はどのような要件が必要であるのか。過失と故意、単独犯と複数犯(共犯、や教唆犯・幇助犯の違いや法益侵害ごとに具体的な罪名について(刑法総論・各論)、少年法の理念とは何か、なぜ少年は成人と異なる処遇となるのか、少年に対する保護処分と刑事処分の違い(少年法)などを解説します。また私たちが経験するかもしれない裁判員制度(刑事訴訟法)や判決後の処遇や更生について(刑事政策)も解説をします。
本講義を通して、刑事司法における犯罪や行為に対して一連の流れを理解できます。
本講義は、以下の力を身に付けることを目標とします。
・知識の向上
・法的発想力、法的思考力の向上
・生涯マネージメント力の向上

《メッセージ》

本講義は、どなたでも気軽に受講することが出来ます。スクーリング科目として開講しますが、再配信授業の対象科目と位置づけておりますので、当日受講できない方は、感想レポートによる提出をしてください。
また秋学期開講「犯罪と心理」と併せて受講していただけますと、犯罪についてさらに理解が深まります。 皆様の受講をお待ちしております。

犯罪と心理
開講期:秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

犯罪は「行動」がなければ成立しません。例えば「あの先生、単位くれなかったから憎い。殺してやりたい。」「事務局スタッフがこよなく愛しているやしまる(大学非公式キャラ)のぬいぐるみが欲しい。お金で買えなさそうだからスタッフ不在時に奪えないかな。」と思っても行動がなければ、それは内心的なことであり処罰の対象ではありません。前者の「殺してやりたい」であれば凶器の準備や計画を立ててからが行為になります(殺人予備罪)。刑法は内心部分に言及はしませんが、「犯罪と心理」では、なぜそのように思うのか、考えてしまうのかという点まで言及をしていきます。
また犯罪には、被害者なき犯罪も存在はするがほとんどのケースで「被害者」と「加害者」が存在します。昨今、被害者学の研究が進み、「人はなぜ被害に遭うのか」という観点から見直されてきました。
本講義は、犯罪が起きる原因、被害者にも加害者にもならないためにはどうしたらよいのか、なぜ人は罪を犯さなければならなかったのか、犯してしまったのか、なぜ反社会的行動にでるのか様々な観点から検討をしていきます。
教養専門科目として、楽しくわくわくしながら学べるかと思います。

●学習の要点
①思考力の向上 ②生涯マネージメント力の向上 ③発想力の向上 ④社会問題に対する新たな視点を持てるようになる

《メッセージ》

本講義は、どなたでも気軽に受講することが出来ます。スクーリング科目として開講しますが、再配信授業(オンデマンドも可能)の対象科目と位置づけておりますので、当日受講できない方は、レポートによる提出をしてください。
講義では、双方型コミュニケーションを図ることを目的としてディスカッションルームを使用し、対話をしながら楽しく授業を進めていきます。
皆さんの受講をお待ちしております。
※心理学や刑法(「犯罪と法」)を学んでいる必要はありません。

刑事政策
開講期:秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

調整中

《メッセージ》

調整中

商法
開講期:春
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

商法は、ビジネスの場面で必須の法律です。本科目では、会社法を通じて組織の在り方、組織運営の技術、手続きを学び、「組織のマネジメント」を考えてもらいます。また、ビジネスの場面での法規制を学ぶことにより、リスクマネジメントを学んでいけます。また、会社法の制度趣旨から、ビジネスと社会の関係を考え、ビジネスの社会性を考えることになります。
【組織運営の技術を身に付ける】
・組織の在り方を学び、組織のマネジメントについて会社法を通じて身に付けていきます。
【ビジネスの社会性を学ぶ】
・会社法の制度趣旨からビジネスと社会の関係を学び、ビジネスとは何か?を明確にしていきます。
【ビジネスにおけるバランス感覚を身に付ける】
・。ビジネスの場面で利害調整のバランス感覚を身に付けることができます。

《メッセージ》

法律は、みなさんの社会の中での役割を教えてくれます。商法では、組織のマネジメントとビジネスの社会性が描かれています。この二つを学び、みなさんが組織の中で働くということ、社会の中で働くということを考えてみてください。ビジネスの場面で利害調整のバランス感覚を身に付けてください。
社会人が知っておくべき必須の法律を学び、みなさんの味方(見方)を増やしてください。

著作権法
開講期:春
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

著作権法の基本的な考え方を学ぶ科目です。「著作権とは何か?」から学び「どこからが著作権侵害となるのか?」を裁判例などから学んでいきます。司書としての必須の知識です。また、Facebook やツィッターなど情報発信、電子出版という新しい著作権が抱える課題も出ています。本科目で、著作権の基本からその課題までを学んでください。
【法律の仕組みを知る】
著作権法を通じて、法律の考え方を学びます。司書として知っておくべき著作権の実務を学び、応用できるように法律の考え方を身につけてください。
【著作権の利用範囲を知る】
著作物を利用する際に留意すべき事項を学び、仕事に応用できるようにしていきます。

《メッセージ》

著作権の基本から、制度概要や著作権に関する実務を裁判例などで、学んでいきます。また、関連科目を受講することで、幅広く法律の世界を知り、様々な場面で法律の考え方を応用しやすくなります。
研究室ブログや Facebook ページ、公開講座でも学習のヒントを発信していきます。合わせて活用していき、基本から実務までをしっかりと学べる工夫をしていきます。

ケーススタディ著作権法
開講期:秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

<著作権をめぐる課題を解決する>
本科目は、具体的ケースを解決する手法を学びます。著作権をめぐる事件をベースに、何が問題で、どのように解決となるのか?といった思考過程を示していきます。
ケーススタディーなので、具体的な場面から問題点が何か?を明確にしていく力を身に付け、その問題を解決するための思考力を学び、現場対応力も身につくように練習していきます。
最初に著作権法の基礎知識を簡単に説明するので、すでに著作権法を学んだ方はもちろん、初めての方も、本講義の後にテキストで学ぶことで著作権に関するマネジメント能力は身に付けることが可能です。

【目標】
・著作権の知識を活かす方法を学ぶ。
・課題発見能力を身に付け、課題解決に向けての思考力を身に付ける。
・事例分析能力を身に付ける。

《メッセージ》

・本科目は、「知識を活かす」科目です。
・事例分析から課題発見、課題解決の手法は、あらゆるビジネスの場面で役に立ちます。問題が起きる前にマネジメントできる能力(予防する能力)を身に付けていきましょう。
・具体例から入っていきますので、「分かりやすさ」は抜群です。
・本科目は、教員ブログ、Facebookなどでも学べるような工夫をしていきます。

行政法
開講期:秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

行政機関と私たちの関係に関するルールを学びます。世の中には様々な手続きがあります。例えば、運転免許。「免許」っていったい何?運転免許の取り消しをする際の手続きは?といったことを学びます。他に、図書館での手続き(登録や返却の督促など)の際も行政法の考え方が背景にあります。くわえて、行政組織の役割も学んでいきます。行政機関と私たちの関係を学び、行政機関とどうやって付き合っていくか?を考えてみてください。また逆に行政ができることは何か?を考えてみても良いでしょう。
【バランス感覚を身に付ける】
・行政機関は公益の実現、私たちは個人の利益を求めます。この両者のバランスをどうやって実現しているかを学び、バランス感覚を身に付けていきます。
【マネジメント能力】
・行政法は手続きに関する法律が大半です。行政手続きを学びマネジメントに活かすことができます。

《メッセージ》

法律は、みなさんの社会の中での役割を教えてくれます。行政法は、行政機関と私たちの関係が描かれています。この法律が描くストーリーから、行政の役割と私たちの役割を考えてみてください。
行政とは何か?を学び、手続きの在り方を学び組織のマネジメントを学ぶことができます。
特に公立図書館での司書を志望する方、公務員を志望する方は司書の役割を学ぶ上での前提となりますので受講をお勧めします。
研究室ブログや Facebook ページ、公開講座でも学習のヒントを発信していきます。合わせて活用していき、基本から実務までをしっかりと学べる工夫をしていきます。

ビジネス文書作成・読解
開講期:秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

<社会人のための契約書の読み方>
社会人になると、部屋を借りる、就職する、マンションを購入するなど大きな買い物をした際のほかにも、携帯電話の契約などの日常的な場面でも契約書というものに触れることになります。契約書をはじめとするビジネス文書をチェックし、そこからリスクを読み取り、カスタマイズすることを実践的に学んでいきます。また、メールなど仕事で使う文書を法律という視点で書き方を検討いていきます。
【社会人のための課題解決力を身につける】
・契約書を通してリスクを読み取り「課題解決力」を、様々なケースで応用できるように学習を勧めていきます。
【様々な契約書に触れて読み方が分かる】
・社会人となると様々な契約書に触れることになります。その契約書を読む力を身につけて、リスクマネジメント能力を高めていきます。

《メッセージ》

・本講義は、どなたでも受講可能です。賃貸や売買はもちろん、様々な契約をめぐるトラブルを回避するためには契約書を読む力が前提となります。社会人のための必須法律科目と考えて、積極的に受講してみてください。
・実際に迫力のあるやりとりを体感するため教室で受講していただくことも大歓迎です。

知的資産マネジメント
開講期:秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

【知的資産とは何か?】
経営理念、伝統、ノウハウ、ブランドなど見えない資産を知的資産といいます。この知的資産価値に気づき、その価値を活かした経営を行う。ただ、知的資産は見えない価値です。自分自身でその存在と価値を把握していくこと、その強みを認識していても、表現が難しいと言われることが多いのが現状です。そこで、比較的わかりやすく事例をベースとしたテキストを使用し、知的資産の活かし方を学びます。
【図書館、博物館の運営企画へ活かす】
この知的資産の把握の仕方や、活かし方を学び、そこから図書館、博物館の運営、そして、地域活性化への取り組みへと実践の場へと落としこむことができるようになります。
【課題解決力を身につけます】
生涯マネジメントの指針にも知的資産はなります。すなわち、「自分の強みを活かして、どのように生きていくか?」と仕事だけではなく生き方にも応用した視点を与えてくれます。

《メッセージ》

・知的資産とは初めて聞いた言葉かもしれませんね。しかし、「自分自身の良さ」を知り活かすという視点で取り組んでみてください。きっと、自分らしく自分をマネジメントできる方法が見つかるはずです。
・図書館、博物館の企画・運営に携わる際、その図書館ならではの強み、博物館の強みを活かすことが、これからの図書館、博物館のあり方を見つけ出すヒントになるはずです。
・研究室ブログや Facebook ページ、公開講座でも学習のヒントを発信していきます。合わせて活用していき、基本から実務までをしっかりと学べる工夫をしていきます。

CSRと経営戦略
開講期:秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

CSR とは、企業の社会的責任を意味します。企業に限らず、仕事には社会的責任があるものです。この社会的責任を果たしながら、サービスを提供することが求められています。本科目は、この CSR を企業のマネジメントに活かしていくことを学ぶ科目です。たとえば、図書館の社会的責任を果たしていくために、どういった図書館運営の戦略を考えるか?民間企業の CSR の実践の具体例から学び取ってください。
【ビジネスの社会性を学ぶ】
・ビジネスの社会性を学び、CSR の実践手法を身に付けることができる。
【仕事の社会的価値とは何か?を学ぶ】
・仕事の社会的価値を学び、その価値を実現する方法を身に付けることができる。

《メッセージ》

ビジネスは、社会的価値があるからこそ、その対価として「お金」を得ることができます。この社会的価値に伴うものが、CSR(社会的責任)です。社会的責任を果たすという視点でビジネスを学んでください。研究室ブログや Facebook ページ、公開講座でも学習のヒントを発信していきます。合わせて活用していき、基本から実務までをしっかりと学べる工夫をしていきます。

企業倫理
開講期:春
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

<企業不祥事を招くのは?>
企業不祥事の報道が後を絶ちません。なぜ、企業不祥事が起きるのか?を倫理の観点から検討していく科目です。
倫理、コンプライアンスとCSR(企業の社会的責任)の関係を学び、実社会でどのように活かすのかを考えていきます。
テキストだけではなく、担当講師のブログ、Facebook等でも企業倫理について実務の現場からの情報も合わせて具体的に学べる科目としていきます。
【目標】
・企業不祥事が起きないためにどうしたらいいのか?を学ぶ。
・企業倫理、コンプライアンス、CSRの関係を学び、ビジネスの社会性を学ぶ。
・ビジネスの本質を学び、やりがいのある仕事とは?を学ぶ。

《メッセージ》

・本科目は、知識を学ぶではなく、「生き方」を学ぶ科目です。
・ビジネスの本質を学び取ってください。ビジネスの本質を知れば、仕事へのやりがいを見いだせることにつながります。
・本科目は、他のテキスト科目と異なり、公開講座や教員ブログ、Facebookなどでも学べるような工夫をしていきます。

ビジネス・リーダーシップ論
開講期:春
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

<本物のリーダーとは何か?>
「マネジャーと、リーダーの違い」を考える科目です。
プロジェクトをまとめるなど、仕事でリーダーとなる場面は少なからずあるでしょう。リーダーとして何をしたらいいのか?で迷い、戸惑いをなくしていきましょう。
また、この科目では、ゲストスピーカー(経営者など)を招いた公開講座も合わせて開講していく予定です。現場で活躍するリーダーたちの声も含めて、学んでください。
  【目標】
・自分自身がリーダーとなったときに、何をすべきか?を見つける。
・様々なリーダーから「生き方」を学ぶ。

《メッセージ》

・本科目は、知識を学ぶではなく、「生き方」を学ぶ科目です。
・法律系科目の他、様々な専門知識を活かすには「人を動かす」ことが必要となります。この人を動かす生き方とは何か?を学んでください。
・本科目は、他のテキスト科目と異なり、公開講座や教員ブログ、Facebookなどで、活躍するリーダーの声も聴き学べるようにします。

起業家と会社人間
開講期:秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

従来の日本企業には「会社人間」と称される人たちが多数存在していた。しかし、突然会社の方から利得勘定(リストラ)でその関係を破棄する状況にある。一方、日本経済の再発展を期すには、以下の知識を身に付け、自らの仕事の位置付けを明確にする。
1.会社組織と個人との距離を見直し、能力発揮の方法を学ぶ。
2.「起業家」として立つことに必要な資質、能力と起業への経営知識を学ぶ。
3.社会貢献型起業の実例を見ながら、「社会起業家」の立ち位置を学ぶ。

《メッセージ》

本講義は、会社での仕事の仕方、転職、起業を考えている人や学生で社会貢献起業家に興味のある人などを広く受講対象にします。 なお、「仕事学のすすめ(問題解決と意思決定)」とはシリーズ講義です。内容が独立しているので、どちらから受講されてもかまいません。シリーズ受講で仕事に関わる知識が広がります。
講義時間の関係で、再配信受講を認めます。受講結果の意見を送付してください。

モノづくりと問題解決
開講期:秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

調整中

《メッセージ》

調整中

顧客サービス・マネジメント
開講期:春・秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

本科目の「サービス」とは「接客活動」という狭義の意味ではありません。特定の産業にこだわらず、企業、あるいは組織における顧客に対する無形の付加価値活動としての一連のプロセスを「サービス」と捉えます。
この物理的なモノではないサービスについて、その改善の方法、アプローチを理論的、また実践に応用できるように学ぶことを目的としています。
・サービスそのものの意味を考えます。
・サービス・イノベーション(革新)について考察します。
・サービスを改善するための組織学習・アプローチについて学びます。
・顧客満足と提供されるサービス品質の関係性を顧客ロイヤルティ、顧客価値などを取り上げながら学びます。
・いくつかの企業のサービス・イノベーション事例から、その方法を学びます。

《メッセージ》

仕事をしているなかでは、ついつい「サービス提供者」の論理からの発想になりがちです。「サービス」を顧客の視点から捉え、付加価値を生み出す、あるいはどのようにイノベーション(変革)をしていくべきかをこの科目を通して考えましょう。
過去、または現在就職(アルバイトも含む)している方は、実務に応用することを念頭に学習を進めてください。またこれから就職する方は、顧客の視点から「サービス」の改善、改革ということを念頭に学習するのもよいでしょう。

顧客ロイヤルティ・マネジメント
開講期:春・秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

本科目はカスタマー・エクスペリエンス(CX:顧客体験)による顧客ロイヤルティの向上に焦点を当てます。顧客ロイヤルティとは、顧客が持つ企業/組織や商品/サービスに対する信頼、愛着という意味です。またカスタマー・エクスペリエンスとは、顧客が商品/サービスの購入に関する最初の接点から完了までの体験を指します。CXの最大化によって、顧客ロイヤルティを向上させ企業/組織の収益性を高めることを以下の4つのアプローチから学びます。
①物事は最初に正しく実行する(Drift)
優れたCXを提供するには、企業は製品に対する顧客の事前期待を正しく設定し、製品だけでなく、デザイン、販売、配送、請求に至るまでの全段階に配慮する。
②顧客が利用しやすいチャネルとサービスへの容易なアクセス
顧客が困ったり、疑問に感じた際にはサービスやサポートに簡単にアクセスできるようにする。
③すべてのチャネルを通して提供する顧客へのサービス
顧客とのエモーショナルコネクションを効果的に作り出し、トラブルが起こらないように予防する。結果的に好意的な口コミ広がる。
④効果的なVOC(Voice of Customer:顧客の声)システムによるCXの傾聴と学習
フィードバックを収集し、プロセス全体の改善に役立てる。

《メッセージ》

過去、または現在就職(アルバイトも含む)している方は、テキスト内容を実務に応用することを念頭に学習を進めてください。またこれから就職する方は、顧客の視点から「顧客ロイヤルティ」の向上ということを念頭に学習するのもよいでしょう。

組織行動論
開講期:春・秋
テキスト
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

組織行動学とは、組織における人間の行動、態度、心理といった側面を体系的にまとめたものです。組織のもとである個人の行動をまず理解し、次に集団行動、最後に組織のシステムについて学習していきます。本科目の目的は、組織行動学により、組織内での人間の行動について根拠となる理由を挙げながら説明ができ、予測し、統制すること、またそれらを支援することです。
・説明すること
例えば組織内で個人や集団が組織にとって非効率・不利益な行動をとった場合、原因を明らかにし説明がつけば、今後改善するための措置をとることができる。
・予測すること
例えばある施策を実行する場合、集団行動においてどのような結果になるかを事前に明らかにする。その時点で問題が予測されれば、対策を織り込んだ意思決定ができる。
・統制すること
業務の効率性を高めるために個人、集団の行動を管理することである。これは他者の行動に影響を与えることであるから、同時に適切な個人の自由度、倫理の視点が必要である。

《メッセージ》

過去、または現在就職(アルバイトも含む)している方は、テキスト内容を実務に応用することを念頭に学習を進めてください。またこれから就職をする方は、会社・組織に関する情報を能動的に集め、今後組織で働くことを念頭に学習を進めてください。

社長に学ぶ組織論
開講期:秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

調整中

《メッセージ》

調整中

ビジネス・コミュニケーションスキル
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

ビジネス・パーソンにとって、リーダーシップやマネージメントは、大切な課題です。
いずれも卓越したコミュニケーションスキルが求められるテーマです。
グローバル社会の影響により、社員一人一人の違いを受け入れ、それぞれの価値を活かして組織の力を高める (ダイバーシティ)という、これまでにない組織の在り方を追求する必要性がでてきました。グローバリゼーションの語源には、ローカル・コミュニティのアイデンティティの主張とその維持を可能にし、多様化を許容することという意味があります。
ところが、企業研修において仕事の知識・技量の育成ほどには、人権教育がなされていないために、この新しい対応に悩む管理・監督者も少なくありません。
そこで、本講座は、こうした人権尊重に基づいた考え方をベースにした部下の自発性の引き出し方、チームの一員として育成するための新しいスキルを身につけることを目標にしたいと思います。

《メッセージ》

なぜ、これほどまでに職場に心理学的なアプローチが求められるようになったか?
どうして、リーダーや管理職が部下の指導に悩むようになったのか?
時代の変化がもたらした課題は、現代人のコミュニケーション能力の向上です。
人間関係の問題は、人間関係でしか解決できないために、コミュニケーション能力の向上には、心理学を応用せざるを得ないのだと思います。
心理学をどのように日常や職場で応用するかを、ご一緒に考えましょう。

ビジネス・スキル「状況判断と決定力」
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

ビジネス、また日常生活においても、人は大なり小なり日々さまざまな選択や決断をしています。しかしながら、人は必ずしもいつも合理的な判断をしているとは言えません。この講義では、個人の決断が、いかにバイアス、錯覚、一時的な感情といったファクターに影響されているのかを理解しながら、最適な決断をする方法を探ります。また、直感的判断と熟慮的判断の特徴を対比させ、その相互作用と関連性を考察します。同時にそれぞれの長所、短所を理解したうえで、どのようにビジネス・日常生活に活用できるかを学びます。さらに刻々と変化する状況を点ではなくプロセスとしてとらえる時間軸の視点を取り入れ、いつ、どのような行動を起こすべきかを見極める「タイミング分析」の手法も学習します。

《メッセージ》

「いい仕事をしたい」、「いい人生を手に入れたい」と誰しも考えます。しかし、「いい仕事」「いい人生」が突然降ってくるわけではありません。「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」ということわざがありますが、目標とするものに近づくためにどのような決断をし、行動をすべきかを学ぶことが現実的であり重要なことです。科目名はビジネス・スキルになっていますが、日常生活にも適用できる内容です。「物事が決められない」、「選択肢が多すぎる」、「何を基準に決めればいいのかわからない」など、日頃「決断」ができないと悩んでいる方にお勧めします。スクーリング科目として開講しますが、再配信授業の対象科目ですので、当日受講できない方はレポート提出により対応できます。

ビジネス・スキル「折れない心とポジティブ・シンキング」
開講期:春・秋
スクーリング
基礎
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

仕事、職場環境が原因で、心のバランスを崩している人が増えています。また最近ではメンタルヘルスの不調から休職を余儀なくされている方も少なからずいます。以前は、まじめな性格に多いとされた「うつ」も、今では、誰でもなりうる「心のカゼ」とまで言われるようになりました。まさに現代はストレス社会と言えますが、個人にとって重要なのはストレスそのものではなく、ストレスにどのように反応するかなのです。その基本要素として「自信」、「感情のコントロール」、「楽観的な考え」等を本講座で学びます。また、精神的、肉体的バランスを取り戻すための自分独自の「回復プロセス」、モチベーションを自然に引き出す「習慣」を再認識し、それらを積極的に取り入れる考え方を学習します。さらにネガティブな思考を抑制し、ポジティブ思考への変換プロセスにより、思い込みを変えていく方法を考察します。

《メッセージ》

ストレスを感じ、心が疲れている方は、往々にして自分が弱く悪いのだと考えがちです。しかし、ストレスを感じるのは人間として自然なことです。この講座で、ストレスに対応する考え方、方法を一緒に学びましょう。「ネガティブ思考を改善したい」、「仕事に疲れた」、「モチベーションが下がっている」という方は、是非受講してください。科目名はビジネス・スキルになっていますが、日常生活にも適用できる内容です。スクーリング科目として開講しますが、再配信授業の対象科目ですので、当日受講できない方はレポート提出により対応できます。

ビジネス・スキル「聴く力で人間関係を改善する」
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

ビジネス上で起こる問題の解決には、その問題に関わる人たちとの日頃の人間関係とコミュニケーションの質に大きく左右されます。「聴くこと」は協調を重視してきた日本人が本来得意とする分野です。しかし、自己中心的な発想で、周りと適切にコミュニケーションがとれず、上司、部下、同僚との人間関係がうまくいかない人がいるのも事実です。「聴く」という行為は、相手を尊重し、理解しようとする態度の現れです。この「聴く」という行為から生まれる信頼関係の構築を本講座のテーマとしています。その中で、自身の聴き方を振り返ることで自分の問題点を理解し、リスニングスタイルを向上させていきます。理論ではなく、実践的な内容になっています。

《メッセージ》

どうもあの人とは相性が合わないとか、また、上司、部下との人間関係に悩んでいる方は少なくありません。しかし相手を変えるのは現実的には不可能に近いことです。まずは自分を変えることから始めてみませんか?そのひとつの方法が「聴く」ということです。科目名はビジネス・スキルになっていますが、日常生活にも適用できる内容ですので、人間関係・コミュニケーションに興味のある方は是非受講してください。スクーリング科目として開講しますが、再配信授業の対象科目ですので、当日受講できない方はレポート提出により対応できます。

ビジネス・スキル「コンフリクト・マネジメント 対立を超えて」
開講期:春・秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

私たちは、職場、日常生活においてさまざまな意見・価値観の相違や、利害にまつわる対立関係を経験しています。このような対立・葛藤を英語で「コンフリクト」と言います。
この科目では、「コンフリクト」を協調的、また建設的な思考によって解決に導く方法を学習します。
そのなかで「交渉」による対立・葛藤の問題解決スキルも学習しますが、「長期的な人間・信頼関係の構築」をこの講義のテーマ・目標としています。相手との利害的・社会的立場、価値観、習慣、文化、状況認知等の違いによる判断基準の相違を認めるとことがコンフリクト・マネジメントの前提となります。そこから解決に向けて以下の要点を学びます。
・コンフリクトの分析、整理の方法
・コンフリクトに対する基本的対処方法
・交渉・対話による合意形成
また、対立の当事者という視点だけでなく、中立的立場から当事者間の合意形成をサポートするメディエーションについて理解を深めます。さらにメディエーターに必要なスキルも学習します。

《メッセージ》

科目名はビジネス・スキルになっていますが、日常生活にも適用できる内容です。各授業の後、すぐに活用して自分の行動に反映できることを目指します。スクーリング科目として開講しますが、再配信授業の対象科目ですので、当日受講できない方はレポート提出により対応できます。

ビジネス・スキル「目標設定と継続力」
開講期:秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

本講座では、自己成長を目的とした目標設定の重要性とその効果的な設定方法から始まり、目標達成するための考え方、アプローチの方法をその後に学習して行きます。そのなかで目標を達成するまでのプロセスを「継続力」として捉え、その構成要素を分解・分析し、「どのようにすれば目標に向かって行動し続けることができるのか?」との問いに自分なりの答えを見出し、それを実践することを目的とします。
各講義において、ヒントとなる考え方、方法を考察して行きますが、それらすべてを取り入れなければならないというものではありません。自分に合うものを見つけ、または合うように修正を試みて、自己に最適な継続プロセスを構築してください。考察する項目のなかでも「目標設定の方法」「計画設計」「自己イメージの形成」「モチベーション」「行動の習慣化」「取捨選択と集中」等を中心に学習します。

《メッセージ》

目標を設定し達成することは、「大変な努力」が必要だと漠然と考え、また目標を達成できない原因は自分の「意志の弱さ」と考える人は多いのではないでしょうか?この講座では、「大変な努力」や「意志の弱さ」と片づけられていたものが実際は何であったかを皆さんと一緒に考えて行きたいと思います。
キャリア領域の目標達成を想定していますが、日常生活にも適用できる内容ですので、「自ら立てた目標を達成したい」、「継続したい」、「意志が弱い」、「すぐに投げ出してしまう」と思っている方は、是非受講してください。スクーリング科目として開講しますが、再配信授業の対象科目ですので、当日受講できない方はレポート提出により対応できます。

ビジネス・スキル「自分を受け入れる力」
開講期:秋
スクーリング
基礎
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

社会に出れば自分に対するより厳しい判断・評価を他人から受ける機会が多くなります。例えば職場での日々の仕事に対する上司からの評価、また年間の総合評価としての人事考課があります。そのような中で知らず知らずのうちに自己評価が厳しくなり、自分に対して否定的になり、自分を受け止められなくなることもあります。また人はネガティブな出来事が起こったとき、その原因を必要以上に自分の中に求めて「自己批判」「自己嫌悪」に陥ることがあります。
本科目では自分の現在の立ち位置と将来の目標を確認しながら、「今のあるがままの自分」を受け入れ、自分の感情と折り合いをつけながら前に進んで行くことの大切さを学習します。その考えは他人に対する「思いやり」の気持ちを自分に対して同じように持つということです。このことは自分を甘やかすということではなく、自らが直面する状況において、受け身の姿勢から積極的な行動を起こし始めるプロセスの一部と言うことができます。過度なストレスを受け疲弊しがちな職業人生において、いわば「エネルギーを自ら充電できる内面システム」を構築することを目指します。

《メッセージ》

「もし気落ちした友人にやさしい言葉をかけるのであれば、なぜ同じような状況において自分には同じ言葉をかけないのでしょうか?」というのが、この科目の基本的な問いであり、考え方です。日ごろから「自己評価が低い」「自己否定的」「他人と比べてしまう」と感じている方は、是非受講してください。
科目名はビジネス・スキルになっていますが、日常生活にも適用できる内容です。スクーリング科目として開講しますが、再配信授業の対象科目ですので、当日受講できない方はレポート提出により対応できます。

省エネルギー概論
開講期:秋
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

資源の枯渇、環境問題といった二つの厳しい制約の中で営まれている現代の生活では、あらゆる場でより一層の省エネ化が求められている。本授業では、エネルギー消費量の著しい伸びを示している家庭部門の省エネルギーを中心に話を進めるが、その序論として省エネルギー技術誕生の経緯、エネルギー資源に関する話題にも触れたい。

《メッセージ》

本授業はスクーリング科目として開講しております。ただし、再発信授業の対象科目と位置付けておりますので、当日受講できない方は授業の感想等をレポートで提出してください。レポートをもって出席にかえます。ご不明な点がある場合はお問い合わせ下さい。皆さんの受講をお待ちします。

テクノロジーの発達とヒューマニティ
開講期:春・秋
スクーリング
基礎
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

小資源国日本は勤勉な人材の活用と産業の育成によって工業国を築きあげることができた。今後もその姿勢は変わらない。本科目では、日本の近代産業黎明期における英国人の活躍、その背景となった産業革命、科学・技術、産業財産権(特許)、国際規格、産業と環境問題との係り合い、産業革命時における世界の工場「イギリス」と最近まで世界の工場と言われた「中国」を比較し、その違い等を検討・学習する。さらに授業を通し、日本には、なぜ世界が驚く技術が誕生するのか?なぜ千年企業をはじめ百年も続く企業が多いのかも考えていきたい。

《メッセージ》

人間はより豊かな生活を追及するが、それは時には環境破壊を招く。生活を豊かにするための産業活動であっても環境に大きな負荷を与えることは許されない時代になった。
本科目を通して、産業の振興による国民生活の質の向上、国際競争力の維持、産業活動と環境との係わり等についてその概要を学ぶ。

明日の一歩・松下幸之助に学ぶ人生哲学
開講期:春
スクーリング
専門
「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編 《学べる内容》

現代では、生活環境や仕事の効率化のためのシステムは格段に整備されてきました。しかし、効率的に事が進められれば「やる気」が出てくるかというと、そうとは限りません。人は自分から意欲をもつことができますが、意思に反して意欲を失うこともあるのです。
ここ20年来、高卒者の約5割、大卒者の約3 割が、就職後3 年以内に離職しています。また、離職には至らなくても、大きな悩みを抱えている方は、多いのではないでしょうか。
現実の諸課題に、自らを適応させていくには、幅の広いものの見方が必要です。嫌なことは、果たして嫌なことでしょうか。マイナスは、プラスにはならないのでしょうか。
本科目では、そのような人生の課題に立ち向かうために、松下幸之助氏(パナソニックグループ創業者・PHP研究所創設者)が著した『道をひらく』を読み、自分を生きるための指針を浮き彫りにします。それによって自分の人生を見通す力を養うことができます。

《メッセージ》

松下幸之助氏は9歳のときから火鉢店に丁稚奉公に出ました。そして、現パナソニック(旧松下電器産業)を創業したのでした。彼の著した『道をひらく』には、彼が人生の中でつかんだ人生哲学が、平易な言葉で盛り込まれています。それを、テキストとして、読んで行きます。読んで行くと、日ごろ目にする、自然の風物、日常のできごと、生活習慣などが、自分を励ましてくれることがわかってくることでしょう。それを知ることで、明日への一歩を踏み出す元気が出てきます。自分の人生をよりよくしていくための視点をつかんで行きましょう。

テーマ別
  • 哲学や思想を学びたい
  • 社会や文化とのつながりを考えたい
  • 現代社会について考えたい
  • 文学や古典を学びたい
  • 環境について考えたい
  • 子育てや教育を考えたい
  • 文章力や思考力を鍛えたい
  • 情報技術について学びたい
  • 身近な法律を学びたい
  • 仕事に役立つ法律を学びたい
  • 仕事力を上げたい1
  • 仕事力を上げたい2
ライフスタイル別
  • 「社会人基礎力を身に着ける」ビジネスパーソン初級編
  • 「キャリアアップを目指す」ビジネスパーソン中・上級編
  • 「子どもと家庭のためになる」主婦サポート編
  • 「興味・関心を広げたい」アクティブシニア編
ページトップへ

このページの先頭へ