八洲学園大学トップ > 八洲学園大学とは > 大学案内 > 教員紹介 > 小関慶太

教員紹介

専任講師

小関 慶太 KOSEKI Keita

小関慶太
  • 学位またはそれに準ずる称号等:法学(修士)
  • 専門分野:少年法・犯罪学・刑事政策学・刑事法
  • 研究テーマ:少年法適用年齢の研究、絶対的無期懲役刑の研究、地域連携による犯罪予防、保育者養成における法学教育、子どもの”遊ぶ権利”と”安心・安全”

担当科目

・はじめて学ぶ刑法総論
・はじめて学ぶ刑法各論
・はじめて学ぶ犯罪社会学
・犯罪と心理
・少年法
・家庭福祉論
・刑事政策
・福祉と法
・子どもと人権
・学校における人権
・はじめて学ぶ刑事訴訟法
・はじめて学ぶ裁判員制度
・事例から学ぼう犯罪と心理
・世界の防犯入門
・法社会学
・児童福祉論
・卒業研究演習
・卒業論文

学歴

中央学院大学 法学部 法学科 司法コース 卒業
桐蔭横浜大学大学院 法学研究科 法律学専攻 修士課程 修了
桐蔭横浜大学大学院 法学研究科 法律学専攻 博士後期課程 単位取得満期退学
桐蔭横浜大学大学院 法学研究科 法律学専攻 博士後期課程 研究生修了

職歴

中央大学 法学部 インストラクター(2015年4月~現在に至る)
八洲学園大学 生涯学習学部 非常勤講師(2016年4月~2017年3月)
八洲学園大学 生涯学習学部 専任講師(2017年4月~現在に至る)
千葉こども専門学校 非常勤講師(2018年4月~現在に至る)

教育活動、研究活動、学内活動、社会活動

【所属学会】
日本刑法学会
日本犯罪社会学会
日本更生保護学会
日本社会病理学会
比較法学会
日本子ども学会

【所属研究会】
現代刑事法研究会
少年法研究会
東京犯罪社会学研究会
日本少年非行政策フォーラム
一般社団法人 日本刑事政策研究会
子どもの人権研究会
プレイパーク研究会
犯罪と非行に関する全国協議会(JCCD)
刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター(ERCJ)

【研究活動】
<論文>
・単著「少年法適用年齢引き下げの一考察(2)」『八洲学園大学紀要』第14号、2018年
・単著「少年法適用年齢の引き下げは必要か?−年長少年に与える影響」『今週の一言』法学館憲法研究所、2018年6月4日号(リンク)
・単著「少年法適用年齢引き下げの一考察(3)」『八洲学園大学紀要』第15号、2019年
・単著「子どもの人権として「乳幼児の生活保障と生存権」-質の高い保育の実現のために今すべきこと」『公益社団法人 全国幼児教育研究協会』研究助成(2019)研究報告書、2020年
・単著「少年法適用年齢引き下げの一考察(4・完)」『八洲学園大学紀要』第16号、2020年
※論文は、最新5本を掲載しています。

【学会報告】
(国際学会)
Poster Session‘Prosecution System Analysis‘“16th World Congress of the International Society for Criminology ”Kobe international Exhibition, Japan (2011)

(国内学会)
・個人研究・ポスター報告「防犯パトロールグループを対象としたアンケート調査から見えてきたものは何か?」、超異分野学会、大阪フォーラム(大阪府)、2019年
・個人研究・個別報告「防犯パトロールグループを対象としたアンケート調査から見えてきたものは何か?」、超異分野学会、大阪フォーラム(大阪府)、2019年
・個人研究・ポスター報告「保育者養成における法学教育の実践ー動機付けのためのアクティブラーニング(1)」、超異分野学会第9回学術大会(東京都)、2020年
※最新3件を掲載しています。

【著書】
編著『こども・先生のための法学入門』(三和印刷社、2019年)

【社会活動】
<委員等>
2002年~ AIACC 国際書道文化発展協議会 委員
2017年~ 日本犯罪社会学会 第16期会長委嘱渉外広報委員会 事務局委員
2017年~ 八洲学園大学教務委員会委員、合否審査会委員
2018年~ Gender Equality Association for Humanities and Social Sciences 運営委員会委員
2019年~ アジア犯罪学会準備委員

その他の業績等については下記参照(外部サイトへ)

メッセージ

大切なこと~楽しみながら学ぶ!

皆さん、こんにちは。
刑事法、犯罪社会学、子どもと法関連科目を担当している小関慶太と申します。刑事法や犯罪社会学は、あって当たり前の「空気のような存在」でありますが、知識として知っていなければならないことです。学ぶ、知ることで、どんなワクワクがあって、日常生活を役に立つかは人それぞれです。でも、学んで損はありません。
また通信制大学は科目修得試験、最終試験をレポート方式で行われることが多くありますが、担当科目では「安全マップつくり」「ポスター制作」「公園デザイン画作成」他、動画、映像、音楽を視聴しレポートをまとめるなど、楽しみながら学べる環境を取り入れています。その他、年数回、課外活動として施設参観なども行っています。

リンク集

ページトップへ

このページの先頭へ